新庄剛志 (ビッグボス (野球選手)からのリダイレクト)
紺綬褒章受章(2007年)。2022年シーズンより北海道日本ハムファイターズの監督を務める。監督としての愛称・並びに登録名は「BIGBOSS」(ビッグボス)。 プロ野球選手としてNPBで14年間プレーしたほか、MLBでも3年間プレーした元メジャーリーガーでもある。現役時代は意外性あふれる打撃と強肩
302キロバイト (42,566 語) - 2022年8月6日 (土) 07:52
来季は頑張ってほしいですね

1 ゴン太のん太猫 ★ :2022/08/09(火) 03:26:11.27
https://news.yahoo.co.jp/articles/27f9a08a9ef951bfa19a11cbc31f3d385a24baf5

 日本ハムのビッグボス・新庄剛志監督(50)が来季も指揮を執ることが8日、分かった。

就任時に「1年契約」と明かして臨んでいる監督1年目の今季は101試合を消化し41勝59敗1分け。

首位に14ゲーム差の最下位に低迷してるが、来季へ向けての準備も着々と進めていく。

就任1年目の今季ももちろんだが、来年3月に開業する新球場「エスコンフィールドHOKKAIDO」の目玉ともなる。

 昨年11月の就任会見では自ら「1年契約」と明かし臨んでいる今季。借金18で最下位ではあるが、常識にとらわれない采配などが球団に評価され、続投が決まった。

 今年1年を「トライアウト」と位置づけたように、日替わり打線で前半戦中に故障者と高卒新人投手を除く支配下全選手を1軍で起用。「来年は(レギュラーを)ガチガチで行く」と語ってきたように、自身も来季への意欲を常々見せていた。

 新たな希望も生まれている。昨オフにダイエット指令を出し、約10キロ減量してシーズンに臨んだ清宮はキャリアハイかつチームトップの13本塁打を記録。開幕4番だった松本剛は現在けがで離脱中だが、両リーグトップの打率3割5分5厘を残している。

報知新聞社

【【日ハム悲報】新庄ビッグボス監督、来季続投!今シーズン最下位独走中だが…!?】の続きを読む


日傘効果(ひがさこうか)とは、火山の大規模噴火や排ガスなどのエアロゾルによって生じた雲が太陽の光を反射させて地球の平均気温を下げる効果。 厳密に言えば、地上気温が低下し、上空の気温がやや上昇する。日傘により日光が遮られ、影となる部分が涼しくなることから、この名が付いた。英語のParasol effect(Umbrella
6キロバイト (794 語) - 2022年8月6日 (土) 09:03
涼しそうですね

1 少考さん ★ :2022/08/14(日) 14:55:14.96
〝日傘男子〟猛暑で増加 県内小売店が販売強化 40~60代多く「疲れにくい」
https://kumanichi.com/articles/758252

熊本日日新聞 | 2022年8月14日 11:42

夏の酷暑から身を守ろうと、日傘を愛用する男性が増えている。熊本県内の小売店も男性向けの日傘の種類を増やし、販売を強化。熱中症予防に効果的なこともあり、他県では小中学生の登下校で活用を促す自治体も出ている。

 熊本市中央区の鶴屋百貨店は、婦人用品売り場と紳士用品売り場で、男性向けの日傘を扱う。ほとんどが晴雨兼用で、日傘にしては大きめの雨傘と同じサイズ。近年の人気ぶりを受け、黒や紺色のほか、チェック柄など豊富な種類を取りそろえた。傘担当の野邊葵さん(23)は「昨年の同時期と比べて、男性向けの日傘は3割増の売れ行き。40~60代の男性客が多い」と話す。

熊本市中央区の傘専門店「橋元屋洋傘店」でも、猛暑で男性向け日傘が注目された5年前と比べて倍近く売れているという。橋本幸二店長(52)は「軽くて持ち運びしやすい折り畳み式が人気。一度差してみて、涼しさを体感してほしい」とアピールする。

 中央区の自営業男性(35)は今夏から、子どもと公園で遊ぶ時やスポーツ観戦時に使用するようになった。「ここ数年、日差しを痛く感じ始めた。傘があるだけで風が涼しく感じられるし、外出しても疲れにくくなった気がする。周りに使う男性も増え、恥ずかしさはない」という。

 日傘の活用は子どもにも広がっている。夏が暑いことで有名な埼玉県熊谷市では2年前の夏から、小中学生に傘を差して登下校することを推奨。年内に市内の全児童約9千人に日傘を配布する。

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

【【話題】40~60代の「日傘男子」、猛暑で増加中!小売店が販売強化へwww】の続きを読む


subvariants under monitoring)として、2022年7月時点でBA.2系統のうちBA.2.12.1とBA.2.75BA.2亜型)、さらにBA.4、BA.5が指定されている。 BA.2.12.1は2021年12月にアメリカで検出され、L452Q変異などを有している。2022年3月中旬以降、同国
99キロバイト (16,096 語) - 2022年8月12日 (金) 02:49

(出典 解説】「ケンタウロス」と呼ばれる新たな変異株「BA.2.75」 「BA.2 ...)


怖いですね

1 パンナ・コッタ ★ :2022/08/14(日) 13:41:45.59
新型コロナウイルスのオミクロン株の1つで、国内でも検出されている「BA.2.75」は、現在、ほぼすべてを占める「BA.5」に感染してできた免疫が効きにくいとする動物実験の結果を、東京大学などのグループが公表しました。

この研究は、東京大学医科学研究所の佐藤佳教授らの研究グループ「G2P-Japan」が第三者の査読を受ける前の論文として公表しました。

グループで、「BA.5」に感染したハムスターの血液を使ってウイルスを抑える中和抗体の働きを調べたところ、「BA.2.75」に対しては「BA.5」と比べて12分の1に下がっていたとしています。

佐藤教授は「『BA.5』に感染してできた中和抗体が、『BA.2.75』には効果を示さない可能性がある。置き換わりが進むことで、今の感染が十分減らない可能性がある」と話しています。

続きはこちら
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220814/k10013769331000.html

【【悲報】コロナの新たな変異型BA.2.75「ケンタウロス」、BA.5の免疫には効果が薄い?】の続きを読む

このページのトップヘ