誹謗中傷


誹謗中傷は良くないですね

1 Anonymous ★ :2022/06/28(火) 17:12:56.37
 ホテル紹介ユーチューバー「マイラーズTV」が28日までに自身のSNSを更新。掲示板サイト「5ちゃんねる」への誹謗(ひぼう)中傷の書き込みに対し、権利侵害が認められたとして相手の情報開示に成功したと報告。「これが少しでも誹謗中傷の抑止になると嬉しい」と呼びかけた。

 マイラーズはツイッターに「私に対して誹謗中傷した人を特定し、謝罪文と慰謝料を貰いましたので公開します」と投稿。「本件は5ちゃんねるへの複数の書込みが対象です。慰謝料は2,819,000円。誠意ある謝罪と受け止め、解決としました。解決までに10ヶ月間を要しました。誹謗中傷に対しては、引き続き毅然と対処していきます」と発表した。

 「本件はプロバイダーへの発信者情報開示請求訴訟において、書込みは違法なものであるとして、私への権利侵害が認められました(判決書抜粋)。判決で私の請求は全面認容され、プロバイダーから氏名/住所/電話番号等が開示されました。開示後、相手は私からの謝罪要求に即座に応じてくれました」と経緯を明かし「ネットの誹謗中傷に対し社会の目はとても厳しくなっています。厳罰化や開示の簡素化などの法整備もされます。開示されたら個人が明らかになり、不法行為の責任追及を受けることになります。そんなリスクを冒して人を誹謗中傷をすることに何の意味や価値があるのか、私には全く理解できません」と怒りをあらわに。

 マイラーズは「これを見て、こんな*なことをする人が少しでも減ればいいなと思います」というコメントに対し「少しでも誹謗中傷の抑止になると嬉しいです」とつづっていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f9fe022f9edbc2bdfb34e9ea6d2ceb76ac82f4d5

【【誹謗中傷】人気ユーチューバー、「5ちゃんねる」誹謗中傷の犯人特定wwwwww】の続きを読む


中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年5月5日 - )は、日本のバラエティアイドル、マルチタレント、歌手、YouTuber。東京都中野区出身。本名、中川 しようこ。所属事務所はワタナベエンターテインメント。所属レーベルはSony Records。 『しょこたん』の愛称で知られ、2004年11月に
156キロバイト (16,921 語) - 2022年6月16日 (木) 10:19
やはりまだ多いんですね

1 muffin ★ :2022/06/21(火) 13:45:45.87
https://sirabee.com/2022/06/21/20162880156/
2022/06/21 12:40

タレントの中川翔子が、21日に公式ツイッターを更新。ネット上などで誹謗中傷を行う人への言及が、ファンのあいだで話題になっている。

これまで自身のYouTubeチャンネルやツイッターで、たびたび誹謗中傷の被害を訴えてきた中川。「被害者が泣き寝入り、加害者に甘かったりなにもなく、という例がありすぎる」「何書いてもいいわけじゃない、調子に乗ると大変なことになると理解して」とその根絶を願ってきた。

今回の投稿では、そうした行為を行う人に対し「時間て寿命を削って使ってるものだから、好きなことに使わなきゃもったいないよ」とメッセージを発信。そのうえで「誹謗中傷に時間をそそぐ人生で良かったってなるの?」と問いかけ、諭すように「もったいないほんとに」と結んだ。

今年2月には、あまりに執拗に悪質なメッセージが寄せられることから「もうこういうの次から次に登場する…ストーカーやら殺害予告やら何人も、なんなんだよ」と、やりきれない様子でコメント。

中川は「こういうのに何回も何人も絡まれてきた、許せない」と怒りをあらわにしていた。


(出典 pbs.twimg.com)

【【芸能】中川翔子、ネット上の誹謗中傷に怒りコメントwwwwww】の続きを読む


【拘禁刑】創設・制定115年初!刑法改正案13日に 誹謗中傷対策も


拘禁刑

拘禁刑(こうきんけい)とは、自由であり身柄の拘禁を内容とする。 「拘禁刑」はアメリカ合衆国、イギリス、フランスなど自由に区分を設けない法制度でのその単一の種の表現に用いられ、アメリカ合衆国の自由であるImprisonmentやイギリスの自由であるCustodial



どうなる?

【【拘禁刑】創設・制定115年初!刑法改正案13日に 誹謗中傷対策も】の続きを読む


木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本の元タレント、元ファッションモデル、YouTuber。愛称はユッキーナ。ユニットPaboおよびアラジンのメンバーでもあった。 東京都葛飾区出身。プラチナムプロダクションに所属していた。後述の騒動により、2020年7月6日をもって芸能界を引退した。
30キロバイト (3,913 語) - 2022年5月21日 (土) 18:11
有名人は大変だ

1 jinjin ★ :2022/05/26(木) 15:15:04.57 ID:CAP_USER9.net

木下優樹菜、止まない誹謗中傷に苦しみ「『消えちゃおうかな…』と思う瞬間も」


インスタグラムのDM上での暴言が大炎上し、’20年7月、芸能界を引退した“ユッキーナ”こと木下優樹菜。
その後は“一般人”として2人の娘を育てるシングルマザーの日々を送っているが、YouTubeやインスタグラムを更新すれば即座にネットニュースとなり、Jリーガーとの熱愛や写真集の発売など、今も芸能人顔負けの活動を繰り広げている。

果たして“最強の一般人”木下優樹菜とは何者なのか? 3年間の思いとともに語り下ろした。

(中略)



──実の姉のトラブルということで、感情的になったとしても、あまりにも乱暴すぎました。
一方、木下さんが芸能界を引退し、昨年10月にいわゆる“タピオカ騒動”の判決が出てからも、木下さんへの人格否定のようなコメントは根強くあります。いまだに誹謗中傷はありますか?


木下:めっちゃあります。「見ないほうがいいよ」と言われるけど、やっぱり見ちゃうし、聞いちゃう。個人的に、無視するとかできないタチなのもあるけれど。最近だと、娘と彼(恋人のJリーガー・三幸秀稔氏)と一緒にバーベキューに行ったYouTubeに、「子どもがかわいそう」とか。実際は娘のほうが彼と仲良くて、私がやきもちを焼くくらいなのに、「この人たちは、何を知っているんだろう?」って。



叩くことで共感する人々。「最後には人、*るよ」

木下:正直、こんな私でも「消えちゃおうかな……」と思う瞬間もあるんです。普段、家族や友人といるときは大丈夫でも、夜中にふと「お前が生きていると、いろんな人に迷惑がかかる。お前は存在すべきじゃない」ってコメントを見たり、思い出して、「ああ、そうだよね。私なんて、いないほうがいいよね」って、心が持っていかれそうになることもあります。そういうとき、娘たちの寝顔を見て「生きないと!」って踏みとどまれたけど、心がポキッて折れちゃうのも、リアルに想像がついてしまう。


──“炎上狙い”の記事も、いまだに少なくありません。

木下:すごくチェックしてくれてますよね。叩けるなら、なんでもいいって感じの記事もあって、破局報道とか100%事実無根でびっくりします。今は一回でも「叩いていいヤツ」って認定されたら、メディアは繰り返し報道するし、それを見た人も「コイツはいくらでも叩いていい」ってなる。
それで、記事が狙い通り炎上して、私を叩くコメント、これまで何度も見たようなコメントに「いいね」をみんなでつけ合って……それはもう、私という人間とはほとんど関係ない、ただのストレス解消だったり、承認欲求を満たし合うだけの行為に見えてしまう。
だから、こんなこと言えた立場じゃないかもしれないし、また炎上するのかもしれないけど、「頼むから、別のところでやって!」って思います。やってるほうは遊びかもしれないけど、最後はマジ、人を*るから。


──炎上で数字を稼ごうとするメディアと「正しさ」で叩きのめす人たち。写真集のタイトル「CORRECT(正解)」は意味深長ですね。

木下:この2~3年で「正解って何だろう? 正しさって何だろう?」と、すごく考えました。もちろん自分の反省すべきところから始めて、自分なりに向き合ってきたつもりです。でも、一部のコメントには「これって自分の思う“正解”を投げつけているだけじゃない?」と思うこともありました。
ただ、私がそれを口にすれば「言い訳」と叩かれる。写真集も「露出が足りない」という声があって、期待外れに感じた人もいたみたい。でも、「やらかしたヤツなんだから、全部見せろ!」というのは、“正しさ”なの? 私は30代の今できることをやったつもりだし、もしここで全部脱いだら脱いだで、「母親なのに」って叩く人もいるでしょ。


全文
https://news.yahoo.co.jp/articles/bef56fe2a5a98341cb5eeb61304d2693512e6f87?page=1


前スレ
木下優樹菜、誹謗中傷に苦しみ 「消えちゃおうかな…と思う瞬間もある」 「叩くことで共感する人々。最後はマジ、人を*るから」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1653489035/


【【芸能】え!?木下優樹菜、誹謗中傷に苦しみ 「消えちゃおうかな…と思う瞬間もある」】の続きを読む


2019年4月19日12時25分頃、東京都豊島区東池袋四丁目の東京都道(東京メトロ東池袋駅付近の交差点)で乗用車(2008年式トヨタ・プリウス (DAA-NHW20) )が暴走し多重衝突事故を惹起。乗用車は赤信号を無視して交差点内の横断歩道に突っ込むなどして、母子2人[女性A(当時31歳)+Aの長女B(当時3歳)]が死亡し、飯塚を含む10人(飯塚を除くと9人)が負傷した。
100キロバイト (12,805 語) - 2022年5月4日 (水) 01:37

1 ぐれ ★ :2022/05/08(日) 07:44:39.51

※TBSテレビ 2022年5月7日(土) 20:00

■指先ひとつで言葉が「凶器」と化す

2019年4月に発生した池袋母子死亡事故。松永拓也さん(35)の妻、真菜さん(31)と長女の莉子ちゃん(3)が死亡し、9人が重軽傷を負った。乗用車を運転していた飯塚幸三受刑者(90)は禁錮5年の判決を受け、収監された。

一見してひと区切りがついたかに見える事故。しかし、その裏で松永さんは“デジタル暴力”と呼ばれるSNSでの誹謗中傷に苦しんでいた。中傷をしたのはどんな人物なのか。加害者へのインタビューから指先ひとつで言葉が凶器と化す“デジタル暴力”の現実を追った。

■「天国の松永莉子ちゃんと松永真菜さんが喜ぶとでも??」 投稿した男性を書類送検

「駄々こねるな。事故で妻と娘を亡くしただけだろ。*、消えろ、ぶっ*ぞ」

松永さんはネット上の数々の罵詈雑言に傷つけられてきた。そして、2022年3月11日、松永さん曰く「一線を越えた」という文言が彼のツイッターに直接投稿された。

「金や反響目当てで闘っている」「天国の松永莉子ちゃんと松永真菜さんが喜ぶとでも??」

松永さんは「真菜と莉子までも侮辱された」として警視庁に被害届を提出。4月28日に愛知県に住む男性のA氏(22)が侮辱の疑いで書類送検された。

■「どうすればいいのか分からない」A氏の父親の苦悩

A氏が書類送検される前夜、投稿した理由を聞くため、東京駅から新幹線に飛び乗った。名古屋駅で下車し、閑静な住宅街の一軒家に到着すると周囲は暗くなっていた。この日は母親に取材を断られたが、翌日再訪したところ、父親が取材に応じた。

「息子も昔は普通の子だったんです。ここ数年で2つの会社をクビになり、おかしくなった。ストレスが原因なのか、私たちもどうすればいいのか分からない」と助けを求めるかのように話した。

■「ソファに寝転がりながら投稿した」加害者が語った“軽さ”

夜の10時ごろ、大型バイクが自宅近くの駐車場に停まった。上下黒のバイク用スーツ姿のA氏が、ヘルメットを外しながら歩いてきた。細身で短髪、少し日焼けした肌。一見してスポーツマン風のこの人物が本当にあの激しい書き込みをしたのか。

続きは↓
TBS NEWS DIG Powered by JNN: 「ソファに寝転がりながら投稿した」「どうせ誰も見ないと思って」加害者が語った“軽さ” 池袋母子死亡事故の遺族へ向けられた“デジタル暴力” | TBS NEWS DIG.
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/40085


【【誹謗中傷】これマジ!?池袋母子死亡事故の遺族を中傷をした人物「ソファに寝転がりながら投稿した」】の続きを読む

このページのトップヘ