経済


ボーナス 業績などに応じて与えられる特別手当、賞与のこと。 上記に転じて、特別に与えられる得点やサービスのこと。買い物のポイントサービスそのものや、各種ゲームなどにおいて特別に得点が追加されたりする場合のこと。 パチスロのボーナスゲームのこと。サミー社のパチスロ・玉緒でポンでは、棒にナス
950バイト (197 語) - 2022年3月8日 (火) 12:59
もうそんな時期なんですね

1 少考さん ★ :2022/06/21(火) 18:31:52.39
※日本経済新聞

夏ボーナス13.8%増、経済回復で4年ぶり 経団連集計
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA212FA0R20C22A6000000/

2022年6月21日 14:45 (2022年6月21日 16:11更新

経団連は21日、大手企業の2022年夏季賞与(ボーナス)の1次集計結果を発表した。16業種105社の平均妥結額は92万9259円で、21年夏と比べ13.81%増えた。上昇幅は現行方法で集計を始めた1981年以降で最大だった。新型コロナウイルス禍からの経済活動の回復を受けて、4年ぶりのプラスに転じた。

新型コロナの影響による業績悪化で7%超の大幅な下落となった21年夏から一転して、企業収益の回復がボーナスの伸びにつながった。金額でみると2年ぶりに90万円台に戻った。過去最高だった19年の97万1777円には届かなかった。物価高が経済回復の重荷となるなかで、今後も増加ペースを維持できるかが焦点となる。

22年は製造業が15.11%増と過去最大の上げ幅となり、全体をけん引した。非製造業は6.99%上がった。業種別で上昇率が最も大きかったのは鉄鋼で、88.13%増えた。22年3月期決算で日本製鉄が経営統合後の最高益を記録するなど、鋼材需要の回復が追い風となった。百貨店・スーパーが27.32%増、自動車が17.23%増と続いた。

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

【【経済】今年の夏のボーナスってちゃんと出るのwwwwww】の続きを読む


また、当時は穀物価格や金属価格などの高騰も同時に進行していたため、影響はより深刻化していた。2009年6月現在はリーマン・ショック以降の大幅な原油価格下落により問題はほぼ鎮静化したが、年初に比べると若干値を上げている。 2000年代の原油高騰では、日本ではガソリン価格の高騰は象徴的に報道された。ガソリン
22キロバイト (3,184 語) - 2022年5月3日 (火) 06:12
日本は意外と抑えてる方ですね

1 お断り ★ :2022/06/19(日) 02:41:00.81
ガソリン1リットル10元時代が到来、中国の価格は高いのか?―中国メディア

ガソリン価格が今年10回目の価格調整で、また引き上げられた。中国国内の一部地域では、95号ガソリンの価格は1リットルあたり10元(約200円)を超えた。
世界的に見ると、中国のガソリン価格はおおむね中くらいのレベルだ。
グローバル石油価格サイトのデータによれば、6日の価格を基準とした場合、世界でガソリン価格が最も高い地域は香港で、1リットルが20元(約400円)近かった。
ノルウェー、デンマーク、フィンランドなどの北欧諸国は世界で最も価格が高い地域の1つで、1リットルが大体17~19元(約340~380円)になる(6日のデータ)。
米国は先進国だが、これまではずっと低価格を維持してきた。ただ最近は国際市場の原油価格が大幅上昇したため、1リットルあたり8.85元(約177円)まで値上がりした。

詳細はソース 2022/6/17 20:50
https://www.excite.co.jp/news/article/Recordchina_896077/

【【衝撃】世界のガソリン価格、とんでもなく値上げしていたwwwwww】の続きを読む


【円安】ドル133円台=豪中銀の大幅利上げなどで急伸 ユーロ=142円台も


〔東京外為〕ドル、一時133円台=豪中銀の大幅利上げなどで急伸(7日午後5時)
 7日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、豪中銀の大幅な利上げなどに支援され、一時1ドル=133円台と2002年4月以来約20年2カ月ぶ…
(出典:時事通信)


円相場(えんそうば)は、に対する外貨の相対的価値(為替レート)のこと。通常は外貨1単位に相当する円貨額で表示する(通貨や市場によっては別の慣行もある)。 特に、米ドルやユーロとの比較によって示され、その中でも、米ドルに対するの相対価値を示すことがある。 国際市場において、日本の通貨である
73キロバイト (12,434 語) - 2022年5月7日 (土) 09:29


円安進むなぁ

【【円安】ドル133円台=豪中銀の大幅利上げなどで急伸 ユーロ=142円台】の続きを読む


オワコン?!

1 神 ★ :2022/05/30(月) 09:55:22.94

IT人材難、低賃金が拍車 求人倍率10倍
2022年5月29日 2:00

企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)が加速するなか、IT(情報技術)人材の不足が強まっている。求職者数に対する求人数の割合である求人倍率は約10倍に急上昇し、全職種で突出して高い。IT職種の賃金が相対的に低いことが人材を集めにくくしている。背景には日本企業の賃金が欧米のように職種の市場価値に応じて決まらず、年功序列の要素が根強いことがある。DX推進の障害になりかねない。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC060KF0W2A500C2000000/


【【経済】やばっ!?IT人材不足 低賃金 年功序列】の続きを読む


2005年2月、大阪市職員に対して、「公費約300億円から、条例にないヤミの退職金や年金が支給されていた」「約100億円に上る、職員の生命共済の掛け金を全額税金で支払っていた」ことが発覚した後、大阪市民から「税金泥棒! 大阪市民に謝罪せえ」「市役所は大阪市から出ていかんかい」といった抗議の電話がかかり続けていた。しかし、大阪市職員は「
15キロバイト (1,777 語) - 2022年4月28日 (木) 02:58
税金は増加しかない?!

1 BFU ★ :2022/05/24(火) 10:21:59.31

政府が国を成長させたいのであれば、個人が豊かになってガンガン消費できる国を目指せばいい。ところが政府は「財政赤字がキツい」と言いながら、ひたすら予算を削り、国民に増税して、国民の給料の半分近くをむしり取って日本人が「消費できない国」にしている。

個人が豊かになってガンガン消費できる国を目指せば……
日本はすでに全然成長しない国になってしまっているのだが、別に日本は戦争や飢餓に巻き込まれているわけでもないし、内戦が起こっているわけでもない。平和で国民が勤勉なのに成長できないのである。政治が間違っているからに他ならない。

「国が成長する」というのはどういうことなのかというと、国民がガンガン豊かになるということである。そして、国民がガンガン消費できる国になるということだ。その国民の消費の総体が国の成長なのだ。

つまり、政府が国を成長させたいのであれば、個人が豊かになってガンガン消費できる国を目指せばいいのである。個人が思う存分消費できる環境になれば、モノがどんどん売れる社会になり企業も活気づいていく。

企業が活気づいたら設備投資もどんどん増えて、より良い商品、面白い商品、イノベーション溢れた商品が出回る。そして、それがまた売れていき、日本が盛り上がり、経済が活性化していく。

そうなったら、材料を海外からたくさん輸入しなければならないし、そうやって生まれた製品が世界的にも売れて輸出も大きく増えていく。国内の消費が増えたら、輸出入もまた増えていくのである。

国が活性化したら、国もまた税収が増えていく。税収が増えればこれを公益事業で日本に「投資」することができるようになって、日本に魅力的で効率的で豊かな都市がたくさん生まれてくる。

個人が豊かになってガンガン消費できる国を目指せば、今の日本の暗い世相と閉塞感が一掃されるのだ。

ところが、である……。

いまや給料の半分近くが税金と社会保険料で引かれる
今の日本政府は何をやっているのか。まったくの真逆のことをやっている。消費税を3%から5%へ、5%から8%へ、8%から10%へ……と、どんどん増やしていき、国民の手取りを減らしていき、消費意欲を減退させている。

「外国では消費税がもっと高い国もある」という人もいるのだが、実は消費税の率を他の国と比較してもしょうがない。なぜなら、他の国と日本とでは経済成長率も違えば、租税の制度も違うからである。

そもそも、日本人が取られている税金は消費税だけではない。

消費税、所得税、法人税、住民税、固定資産税、都市計画税、共同施設税、宅地開発税、国民健康保険税、法定外目的税、復興税、自動車税、自動車重量税、ガソリン税、酒税、相続税、贈与税……等々、日本人は40種類から50種類もの税金をひらすら払っていかなければならないのである。

続きはソースで
https://www.mag2.com/p/money/1189199


【【経済】これはヤバい!?日本国民はまるで政府のATM。給料の半分近くを税金と社会保険料で毟り取り、30年の失政のツケを私たちに払わせている…】の続きを読む

このページのトップヘ