監視


東京拘置所(とうきょうこうちしょ)は、法務省東京矯正管区に属する拘置所。通称「東拘(とうこう)」、所在地である「小菅」と呼ばれることも多い。 全国に8箇所(東京・立川・名古屋・京都・大阪・神戸・広島・福岡)ある拘置所の一つである。 管下施設として松戸拘置支所を所管する(2013年5月16日より。それまでは千葉刑務所所管であった。)。
16キロバイト (2,172 語) - 2022年8月28日 (日) 08:27

(出典 塀の中」も新型コロナ感染リスク 国内最大、東京拘置所の対策は)


監視体制がしっかりしてますね
※動画が無い為、参考動画を掲載しています。

1 七波羅探題 ★ :2022/08/28(日) 18:42:26.65
朝日新聞2022年8月28日 17時00分
https://www.asahi.com/articles/ASQ8V5VWSQ8SUTIL02P.html

14年以上にわたり、着替えや排泄(はいせつ)の様子まで、24時間カメラで監視され続ける――。東京拘置所に収容中の確定死刑囚の男性が、こうした運用はプライバシー権の侵害だとして、国に約1900万円の賠償を求める訴訟を、近く東京地裁に起こすことが分かった。

 訴状によると、男性は2013年に殺人罪などで死刑が確定した。一審で死刑判決を受けた07年から東京拘置所に収容され、理由の説明がないまま、天井にカメラがついた「カメラ室」に入った。

 3畳半ほどの居室に、カメラの死角になる場所はない。24時間監視され続け、着替えや排泄も撮影されていた。

疑問を示したら、カメラがない部屋に
 カメラ室への収容について法律の定めはない。自分が収容され続ける理由を知りたいと、男性が情報公開請求をしたところ、東京拘置所の処遇の「細則」が公開された。

死刑囚なら、24時間監視されても仕方がないのでしょうか。死刑囚であれば皆、カメラ室に収容されているのでしょうか。究極の刑罰を受ける死刑囚の尊厳や権利をどう考えればいいのか、法務省や専門家への取材から考えます。

※以下、有料記事

【【裁判】死刑囚が国を提訴!14年間「着替えも排泄も」カメラで監視された】の続きを読む


【衝撃】TikTokアプリ内ブラウザ、全てのキー入力が監視されているってマジ!?


TikTokアプリ内ブラウザ、全てのキー入力が監視されるリスク指摘
…あるセキュリティー研究者が、iOS用のTikTokアプリ内ブラウザが外部リンクを開くたび、すべてのキーボード入力や画面のタップが監視される可能性があると報告している。
(出典:PHILE WEB)


怖いですね

【【衝撃】TikTokアプリ内ブラウザ、全てのキー入力が監視されているってマジ!?】の続きを読む


東横インでは各方面であらゆる方策が採られ、徹底的なコストダウンを図っている。創業者は、西田憲正(元会長)。なお、東急グループ(東急ホテルズや東急イン、東急東横線)などと名前が類似しているが資本関係はない。 ホテルブランドは、ほとんどの店舗で「東横イン」(あるいは「東横INN」)ブランドとなっている。この他に「東横インJr
37キロバイト (4,241 語) - 2022年2月5日 (土) 02:15



1 愛の戦士 ★ :2022/02/13(日) 07:38:15.18

現代ビジネス 2/13(日) 6:02

 おのおのの部屋の前にはイスが置いてあり、弁当が入ったビニール袋はイスの上に置かれる。弁当パックや残飯は、袋に入れてイスの下に置いておくルールだ。朝食は朝8時半ころ、昼食は12時ころ、夕食は18時ころに運ばれてくる。

 配膳がスタートすると「これから朝食の配膳を始めます。配膳が終わりましたらアナウンスしますので、それまでドアは開けないでください」と館内放送で念を押される。弁当を待ち焦がれた入居者とスタッフが鉢合わせて、濃厚接触になることを恐れているのだろう。

 配膳が終わると「朝食の配膳が終わりました。扉を開けてお取りください。食事が終わりましたら、滞在のしおりをご参照のうえ、ゴミは外の廊下の床に置いてくださいますよう、ご協力をお願いします」とアナウンスが流される。

 つまりPCR検査の案内と弁当の連絡だけで、朝から晩まで合計7回も放送が流れるわけだ。しかも日本語と英語の2カ国語バージョンだから、なおのことやかましい。午前中はゆっくり休みたいし、午後だって昼寝中のときもあるのに、睡眠障害になりそうだ。健康になるためにこのホテルに隔離されているのか。不健康になるために部屋にこもっているのか。ワケがわからない。

複数の監視アプリによって把握
 煩わしいのはアナウンスだけではない。毎朝9時までに、体温や健康状態をスマホアプリのチャットで申告する必要がある。寝坊して申告しそびれると、フロントから電話で叩き起こされる。

 これ以外に「MySOS」というアプリによる健康状態申告も、帰国後14日間義務づけられている。1日3~4回、朝から晩まで何度も位置情報を知らせなければならない。さらに「MySOS」がBOT機能で電話を鳴らしてきて、部屋の背景とともに30秒間顔面を録画させられる。チャットアプリの申告だけで十分なはずなのに、複数のアプリでしつこく監視されるのが不愉快だ。

 隔離期間中、入居者はホテルの部屋から一歩も外に出ることが許されない。ためしにドアを開けて廊下をのぞこうとすると、センサーが感知してピーピー警告音が鳴る。廊下には監視カメラがついており、フロントでは何台もの大型モニターとにらめっこする警備員がいた。この状況下で、いったいどうすればホテルから脱出できるというのだろう。「SOS」を叫びたくなる。

Amazonで取り寄せたりんごに救われる
 ホテル滞在4日目あたりから、妙に体がだるく疲れやすくなってきた。心身ともに深刻なダメージがたまっているようだ。刑務所でさえ、懲役がある平日には毎日運動の時間が設けられている。懲役が休みの日は、余暇やクラブ活動によってリラックスできる。筆者はPCR検査で何度も陰性を獲得している健康体であり、無論犯罪など何ひとつ犯していない。にもかかわらず、ホテルの廊下や敷地内を散歩する権利すら与えられないとは、なんと非人道的な処遇か。

 運悪く「オミクロン株」の陽性者と同じ飛行機に乗っていた濃厚接触者は、ホテル隔離が14日間に延期されるそうだ。6日でさえ相当長く感じるのに、禁錮2週間なんて食らった日には、軽い拘禁症にかかってしまうかもしれない。この経験によって深刻なダメージをこうむり、PTSD(心的外傷後ストレス障害)や鬱に苦しむ人もいるだろう。

 筆者の心を安らげてくれたのは、Amazonや楽天市場を検索して取り寄せた箱入りの「朝採りりんご」であった。家族や友人知人からの差し入れや、ネット通販の取り寄せは認められている。ただし寿司や刺し身などナマ物や酒類が入っていないか、係員が中身を開封して検閲する(これまた不愉快極まりない)。弁当ばかりで生鮮食品が乏しい毎日を送る中、新鮮なりんごは何よりもうまかった。この小さな悦びが、苦しい生活を送る人間をどれだけ救ってくれることか。

 毎日冷や飯を食べ続ける中「そうだ、クッパ(韓国のスープご飯)をやってみよう」と思いついたのは我ながら名案だった。カップのインスタント味噌汁に冷や飯をぶちこみ、ネコマンマにしてしまうのだ。これが抜群にうまく、食欲がない日にもどんどんご飯を食べられた。こうして小さな幸せを積み重ねながら隠遁生活を耐え忍び、筆者は6泊7日の隔離イカゲームからやっと解放されたのだ。

※続きはリンク先で
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/f2c1aaeafc7dab4d480ac216e9e94aa14610f0fc&preview=auto
弁当の受け取りとゴミ出し以外、ドアを開けてはならない

(出典 i.imgur.com)

毎朝9時までにスマホアプリで健康状態を報告

(出典 i.imgur.com)

隔離4日目の昼食

(出典 i.imgur.com)


【【現代ビジネス】帰国者の隔離!!東横インで行われる「朝食の配膳」「弁当の中身」「監視」が凄まじすぎる!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ