殺到


【非常電源】台風11号接近で、「ポータブル電源」問い合わせ殺到中の模様… 

災害時の非常用電源に ポータブル電源問い合わせ殺到 
…えられるポータブル電源…ですが昨日から問い合わせが殺到しすでに完売しています。」 キャンプなどアウトドアで利用されることが増えているポータブル電源。持…
(出典:沖縄テレビOTV)


ポータブル電源
ポータブル電源ポータブルでんげん)とは、可搬型のバッテリーで外部電源により充電を行い、蓄電された電気を電気製品・機器に供給可能な電源装置である。 一般的にはスマートフォンの外部電源として多用されているモバイルバッテリーの内蔵蓄電池を大容量化したもので、DC電源


非常用に一台あるといいかもしれませんね

【【非常電源】台風11号接近で、「ポータブル電源」問い合わせ殺到中の模様… 】の続きを読む


【元乃木坂46】斉藤優里、本髙と“W二股”報道にファンから失望の声殺到www


斉藤 優里(さいとう ゆうり、1993年〈平成5年〉7月20日 - )は、日本の元舞台女優であり、女性アイドルグループ・乃木坂46の元メンバーである。東京都出身。身長157 cm。血液型はO型。愛称は、ゆったん。 0歳の時、「たまごクラブ」「ひよこクラブ」にモデルとしてデビューした。高校生の時、文
38キロバイト (4,781 語) - 2022年7月20日 (水) 09:17


衝撃ですね

【【元乃木坂46】斉藤優里、本髙との“W二股”報道にファンから失望の声殺到www】の続きを読む


西野 亮廣(にしの あきひろ、1980年〈昭和55年〉7月3日 - )は、日本のお笑いタレント、絵本作家、著作家。漫才コンビ・キンコングのツッコミ担当。相方は梶原雄太。絵本作家としてのペンネームはにしの あきひろ。 1999年、梶原雄太とキンコング結成。吉本総合芸能学院 (NSC)
40キロバイト (5,304 語) - 2022年7月18日 (月) 00:34
道に迷ったんですかね

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/07/09(土) 16:54:51.49
7/9(土) 16:52
スポニチアネックス

キンコン西野、タクシー業界に提言「『カーナビの使い方研修』だけは実施して」共感の声が殺到

 お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(42)が8日に自身のツイッターを更新し、タクシー業界にある懇願をした。

 西野は「【タクシー会社さんへ】多くは望みませんので、せめて、『カーナビの使い方研修』だけは実施してください」と提言する。「道を知らなくて、カーナビを使えない運転手さんに、行き先を伝えるのが、ものすごく大変です。あと、車内のティッシュプレゼントは要らないです。いつもありがとうございます」とツイートした。

 ユーザーからは「この気持ちよく分かります」「『知らないですよ~w』でドヤる運転手さん稀にいますよね」「『道教えてください』攻撃が地味につらいですよね」「わりと近所でも、指示お願いしますとか言われたら萎える」「車内での時間を有効利用出来ることも、料金の内と思うのに」「客席側で乗った時に行き入力出来る仕組みが出来ると良いのにな」と、共感の声が多く上がっていた。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/556ab97e025e196bc05bfefbb13405ed8f1f91b7

【キンコン西野に“共感の声”殺到!「タクシー会社さん『カーナビ研修』やってwwwwww」】の続きを読む


クレーム (クレイム、英語: customer complaint,consumer complaint は、サービスに対する苦情や改善要求、契約あるいは法律上の権利請求を指す和製英語。 日本語の顧客による理不尽な要求という意の「クレーム」には、英語では「コンプレイント」(英語:
42キロバイト (6,414 語) - 2022年7月6日 (水) 11:04
クレームまでくるんですね

1 どどん ★ :2022/07/13(水) 18:46:07.54ID:dkliblAW9
 安倍晋三・元首相(67)が遊説中に銃撃され死去した事件を受けて、奈良県警にクレームが殺到しているという。

 安倍氏は7月8日、奈良・大和西大寺駅の北口前で参院選の応援演説を行っていた。現場では、奈良県警の警備部参事官をトップとする体制で指揮がとられ、県警本部や奈良西署の警察官、さらに東京から随行した警視庁警護課のSP(要人警護官)1名が安倍氏の警護に当たったという。しかし、安倍氏は約5メートルの至近距離で背後から撃たれ、命を落とす結果となってしまった。

 総理大臣の警護を担当したこともある警視庁元SPは、発砲があった瞬間の現場の動きについて「少なくとも犯人が前に出てきた瞬間に、後方を警戒していた人間がまず飛び出すべきでした」と悔やむ。

 世間では「警護体制は適切なものだったのか」という疑問が噴出し、奈良県警には11日午前7時までに電話やメールなど約1300件のクレームが殺到した。また、12日に警察庁で行われた記者会見では、中村格長官が「警察としての責任を果たせなかった」「警察庁の関与のあり方にも問題があった。長官として慚愧にたえない。責任は誠に重いと考えている」として、警護措置要領を見直す方針を示した。警察庁が、個別の事案について会見を開くのも、長官が責任を認める発言をするのも異例のことだ。

 安倍氏の後援会幹部によると、事件の現場を担当していたSPは強いショックを受けているという。
「警視庁から派遣されたSPに後援会会長が電話したところ、号泣して言葉にならなかったそうです。『お前の責任じゃない』とは伝えたものの、ずっとそんな調子で泣いていたと聞きました。安倍さんならきっと、こういう時に『キミじゃなくてよかったよ』と言っていたのではないかと思いますが……」

 後援会の幹部は、安倍氏との思い出を悲痛な様子で振り返る。

「地元の支援者としては、何をしても今はつらい。ふとした場面で『ああ、ここを安倍さんと歩いた』など思い出してしまいます。8月13日には、関門海峡花火大会が3年ぶりに開催されます。安倍さんも下関に毎年来られて楽しみにしていた花火大会だったのに、今年はご覧になれないと思うと……」(後援会幹部)

 安倍氏の銃撃事件により、多くの人の心が深く傷ついている。

NEWSポストセブン

https://news.yahoo.co.jp/articles/bd492151140f58d9a5ed1ca43305cdf185236dbf

【【悲報】安倍氏専属SPが号泣!クレーム電話が殺到wwwwww】の続きを読む

このページのトップヘ