映画


映画の配信媒体 映画館 オリジナルビデオ テレビ映画 ネット配信 映画の著作物 映画の分類 映画のジャンル 映画のレイティングシステム 映倫 - 日本ビデオ倫理協会 映画映画評論 映画映画技術史(英語版) 映画用語 映画会社 映画学校 映画プロデューサー - 映画監督 - 脚本家 - 映画俳優
44キロバイト (5,638 語) - 2022年6月19日 (日) 13:53
映画観たくなりますね

1 牛丼 ★ :2022/06/21(火) 17:28:11.62
名作映画おすすめ人気ランキング59選|洋画・邦画の中から不朽の名作を厳選!

BestOne編集部 :2022年06月20日

映画にはたくさんの名作映画と呼ばれる作品があります。そこでこの記事では、洋画・邦画の中から不朽の名作と呼ばれるおすすめの作品を60作品厳選しました。感動の物語や懐かしい作品、そして恋愛映画など様々なジャンルをピックアップしています。作品については受賞歴や作品の見どころ、そしてあらすじについても触れています。ぜひ参考にご覧ください。

迷ったらコレ!ランキング人気商品
名作映画おすすめ人気ランキング59選

59位 『きみに読む物語』
58位 『最強のふたり』
57位 『千と千尋の神隠し』
56位 『クレイマー、クレイマー』
55位 『ローマの休日』
54位 『サウンド・オブ・ミュージック』
53位 『カサブランカ』
52位 『フォレスト・ガンプ 一期一会』
51位 『シザーハンズ』

50位 『ロシュフォールの恋人たち』
49位 『告発』
48位 『ジョーカー』
47位 『仮面/ペルソナ』
46位 『地獄の黙示録』
45位 『めまい』
44位 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
43位 『イヴの総て』
42位 『アニー・ホール』
41位 『ユージュアル・サスペクツ』

40位 『雨に唄えば』
39位 『シンドラーのリスト』
38位 『マイ・レフトフット』
37位 『羊たちの沈黙』
36位 『ソナチネ』
35位 『ニュー・シネマ・パラダイス』
34位 『ダンサー・イン・ザ・ダーク』
33位 『E.T.』
32位 『スタンド・バイ・ミー』
31位 『ムーンライト』

30位 『AKIRA』
29位 『レオン』
28位 『女と男のいる舗道』
27位 『セブン』
26位 『ファイトクラブ』
25位 『カッコーの巣の上で』
24位 『アンダルシアの犬』
23位 『ライフ・イズ・ビューティフル』
22位 『レ・ミゼラブル』
21位 『ミツバチのささやき』

20位 『十二人の怒れる男』
19位 『ショーシャンクの空に』
18位 『市民ケーン』
17位 『タイタニック』
16位 『時計じかけのオレンジ』
15位 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
14位 『ゴッドファーザー』
13位 『素晴らしき哉、人生! 』
12位 『パルプ・フィクション』
11位 『大人は判ってくれない』

10位 『羅生門』
9位 『タクシードライバー』
8位 『8 1/2』
7位 『生きる』
6位 『炎628』
5位 『モダン・タイムス』
4位 『気狂いピエロ』
3位 『東京物語』
2位 『道』
1位 『2001年宇宙の旅』
以下ソース

(出典 imgcp.aacdn.jp)

https://thebest-1.com/amp/a6137/#

【【2022年版】洋画・邦画、不朽の名作「映画」ランキング59選wwwwww】の続きを読む


【映画キングダム2】山崎賢人「みんなを引っ張っていくような気持ちで演じた」


山﨑賢人

山﨑 賢人(やまざき けんと、1994年〈平成6年〉9月7日 - )は、日本の俳優。 東京都板橋区出身、スターダストプロモーション所属。「山崎」と表記されることがあるが、正しくは「山﨑」である。 中学3年生のときに東京・原宿竹下通りのDAISO前でスカウトされ、芸能活動を開始。 雑誌『ピチレモン』でメンズモデルとして活動。

やまざき けんと
山﨑 賢人
本名 山﨑 賢人
生年月日 (1994-09-07) 1994年9月7日(27歳)
出身地 日本の旗 日本・東京都板橋区[1][2]
身長 178 cm[3]
血液型 A型[3]
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ・映画・CM・舞台
活動期間 2009年 -
活動内容 2010年:俳優デビュー『熱海の捜査官』
事務所 スターダストプロモーション 制作2部
公式サイト KENTO YAMAZAKI official website
主な作品
テレビドラマ
『35歳の高校生』
『弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜』
『まれ』
『デスノート』
『好きな人がいること』
『陸王』
『トドメの接吻』
『グッド・ドクター』
配信ドラマ
『今際の国のアリス』
映画
『今日、恋をはじめます』
『L・DK』
『ヒロイン失格』
『orange-オレンジ-』
『オオカミ少女と黒王子』
『四月は君の嘘』
『斉木楠雄のΨ難』
『キングダム』
『ヲタクに恋は難しい』
劇場アニメ
『二ノ国』
 
受賞
日本アカデミー賞
新人俳優賞
2016年『orange』『ヒロイン失格』
その他の賞
受賞歴参照
 
受賞
日本アカデミー賞
新人俳優賞
2016年『orange』『ヒロイン失格』
その他の賞
受賞歴参照


楽しみ

【【映画キングダム2】山崎賢人「みんなを引っ張っていくような気持ちで演じた」】の続きを読む


【映画】長谷川博己、綾瀬はるか共演「はい、泳げません」公開中!


“カナヅチ”長谷川博己ד偏屈コーチ”綾瀬はるかの希望と再生 「はい、泳げません」公開
 俳優の長谷川博己さん主演、俳優の綾瀬はるかさん共演の映画「はい、泳げません」が6月10日に公開スタートしました。2人はNHK大河ドラマ「八重の桜」…
(出典:オトナンサー)


楽しみ

【【映画】長谷川博己、綾瀬はるか共演「はい、泳げません」公開中!】の続きを読む


悟飯という名前は、空の育ての親・孫悟飯にあやかり空がつけたもの。アニメでは悟飯の赤子時代を回想した場面で、チチや牛魔王からも多々名前の案が出たが悟飯が泣いて嫌がり、「ごはん」という言葉を聞いて悟飯が喜んだため、この名前を空が提案したとされている。 幼少期は
112キロバイト (19,682 語) - 2022年6月5日 (日) 12:44
懐かしい

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/06/01(水) 20:28:21 ID:CAP_USER9.net

2022年6月1日

劇場版『ドラゴンボール』最新作は孫悟飯が大活躍!? 鳥山明の発言に歓喜の声

近年の『ドラゴンボール』シリーズにおいて、潜在能力は最強レベルでありながら、なかなか活躍の機会に恵まれなかった孫悟飯。しかし新作映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』では、悟飯が大活躍することが示唆され、ファンから期待の声が上がっているようだ。


「じつは誰よりも強い」孫悟飯

今回話題になったのは、原作者・鳥山明の映画に関する発言。現在「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」の公式ツイッターでは、「鳥山明先生コメント企画」が行われており、一問一答形式で映画の内容を解説している。

そんなコメント企画の中で、鳥山に対して《悟飯とピッコロ、そしてレッドリボン軍にフィーチャーした狙いは何でしょうか?》といった質問が。6月11日公開予定の同映画だが、これまで公開されたPR映像などでも、悟飯とその師匠であるピッコロが中心の物語だと仄めかされていた。なぜここにきて悟空ではなく、その息子の悟飯なのだろうか…。

この質問に対して鳥山は、《悟飯は、じつは誰よりも強い。と言われながら、近頃はなかなか活躍する機会がありませんでした。悟飯を動*には、父親の悟空よりも慕う師匠のピッコロの出番です》などと回答。以前からファンの間では“ちゃんと修行すれば作中最強”と言われていた不遇のサイヤ人・悟飯に、ようやくスポットが当たるようだ。



鳥山明は「ドラゴンボール」エアプではなかった!?

鳥山の悟飯に関するコメントを見たファンからは、《鳥山先生が悟飯ちゃんの潜在能力最強設定のこと覚えてて嬉しい》《最強の悟飯ちゃん見られるの? 悟空より強いんだってとこ見せてくれ!》《かつてセル編のような最強だった悟飯ちゃんが戻ってくると信じてるからな》《悟飯は色んなやつから最強って言われてたのに、いまいちこう活躍の場がなかったんだよ》といった声が。最強になった悟飯の大活躍に胸を膨らませているようだ。

これまでもセル編などで瞬間的に最強になることはあっても、いまいち活躍が長続きしない悟飯。そもそも戦いに消極的であまり修行をしないからか、悟空のように戦闘のことしか考えていないキャラに置いていかれがちだった。

『ドラゴンボール超』ではすっかり一般男性のようになった悟飯が描かれ、トランクスからも「あのほとばしる力が感じられない」などと言われてしまう始末。しかし「力の大会」の前にピッコロとの修行であっさり力を取り戻していたあたり、さすがの潜在能力といったところだ。

驚くほど活躍の機会がないことから、原作者の鳥山に対して「ドラゴンボールエアプなのでは?」と疑うファンも少なくなかった。しかし頭の中では、しっかり悟飯の最強設定が生きていたようだ。

https://myjitsu.jp/enta/archives/104606


映画「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」公式
@DB_super2015
🟠#鳥山明 先生コメント企画🟠

最新作『#ドラゴンボール超スーパーヒーロー』について、原作者・鳥山先生が質問に答えてくれました🙌
コメントの一部をご紹介します🔥

コメント全文は劇場で販売される”超パンフレット”に掲載されますので、お楽しみに📖
https://twitter.com/db_super2015/status/1530383408060370944?s=21

(出典 pbs.twimg.com)

(deleted an unsolicited ad)


【【映画】「ドラゴンボール」孫悟飯が大活躍!!鳥山明の発言に歓喜】の続きを読む


【映画】『母性』戸田恵梨香&永野芽郁「ハコヅメ」コンビが母娘役!!


戸田恵梨香&永野芽郁「ハコヅメ」コンビが母娘役、湊かなえ原作映画『母性』
 戸田恵梨香と永野芽郁が、映画『母性』(廣木隆一監督、11月23日公開)で母娘を演じることが発表された。湊かなえ氏の同名小説が原作。「母と娘」を巡る…
(出典:MusicVoice)


戸田恵梨香

戸田 恵梨香(とだ えりか、1988年8月17日 - )は、日本の女優。兵庫県神戸市出身。フラーム所属。夫は俳優の松坂桃李。 小学5年生(11歳)の時から芸能活動を開始。テレビドラマのNGシーンを放送するバラエティ番組を見て役者たちの楽しそうな姿に惹かれ、その世界に興味を抱いた。このことがきっかけで

とだ えりか
戸田 恵梨香
戸田 恵梨香
2020年2月3日
生年月日 (1988-08-17) 1988年8月17日(33歳)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市灘区
身長 164 cm[1]
血液型 AB型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ、映画、CM
活動期間 2000年 -
配偶者 松坂桃李(2020年 - )
事務所 フラーム
公式サイト FLaMme
主な作品
テレビドラマ
『野ブタ。をプロデュース』
『LIAR GAME』シリーズ
『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』シリーズ
『流星の絆』
『BOSS』シリーズ
『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』シリーズ
『鍵のかかった部屋』
『大恋愛〜僕を忘れる君と』
『スカーレット』
『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』
映画
『デスノート』シリーズ
『LIAR GAME The Final Stage』
『劇場版 SPEC』シリーズ
『エイプリルフールズ』
『駆込み女と駆出し男』
『無限の住人』
『あの日のオルガン』
『最初の晩餐』
 
受賞
2009年エランドール賞 新人賞
ザテレビジョンドラマアカデミー賞
第59・73回 助演女優賞
第67・99回 主演女優賞
第29回日本映画批評家大賞 主演女優賞
ほか
 
受賞
2009年エランドール賞 新人賞
ザテレビジョンドラマアカデミー賞
第59・73回 助演女優賞
第67・99回 主演女優賞
第29回日本映画批評家大賞 主演女優賞
ほか


おお観たい!

【【映画】『母性』戸田恵梨香&永野芽郁「ハコヅメ」コンビが母娘役!!】の続きを読む

このページのトップヘ