政府


東京都庁(とうきょうとちょう、英: Tokyo Metropolitan Government)は、地方公共団体である東京都の行政機関。首長は東京都知事。 東京都庁は、一般行政職だけでも19,892人、消防吏員・公営企業・行政委員会・学校教職員・警察官までを含めると総計17.4万人もの職員を抱える巨大な組織である。
19キロバイト (2,255 語) - 2022年6月19日 (日) 05:58
真っ暗ですね

1 minato ★ :2022/06/27(月) 18:30:43.75
東京都 都庁のエレベーター間引き運転など対策

東京都は、都庁など都が所有する施設で電力使用量を前の年度の同じ時期よりも最大15%削減する節電対策を行っています。

このうち、新宿にある都庁では
▽27日午後3時から、庁舎内のエレベーターの4分の1を停止して間引き運転をしているほか、
▽職員が業務を行うエリアを限定して、職員がいない場所は電灯を消すなどの対応をとっています。

また、各部署の管理職などが「節電見回り隊」として、節電対策が着実に実施されているかを随時、チェックしているということです。


https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220627/k10013689881000.html


(出典 www3.nhk.or.jp)


(出典 i.imgur.com)

【【画像】東京都「都民の皆様、節電で都庁は真っ暗ですwwwwwwwww」】の続きを読む


b 毎日新聞「ポスト安倍:岸田氏、石破氏の戦略は? - 毎日新聞」2017年9月4日 ^ 「早く行きたければ…」岸田文雄首相が所信表明演説でことわざを引用し訴えた「私は日本人の底力を信じています ハフポスト 2021年10月8日配信 2021年12月15日閲覧 ^ 岸田首相「みんなで進め」、どこのことわざ引用?西野亮廣さんも好む
126キロバイト (15,868 語) - 2022年6月21日 (火) 17:55
すごい大金ですね

1 グリーゼ581c(愛知県) [US] :2022/06/27(月) 17:13:37.42

【エルマウ(独南部)=竹内悠介】岸田文雄首相は26日午後(日本時間27日未明)、2027年までに650億ドル(約8兆8000億円)以上を低・中所得国のインフラ投融資にあてると表明した。ドイツで開催中の主要7カ国首脳会議(G7サミット)の関連行事で明らかにした。

バイデン米大統領が同日に発足を表明した「グローバル・インフラ投資パートナーシップ(PGII)」に拠出する。PGIIはG7全体で27年までに6000億ドル(約81兆円)の投融資を計画し、日本の目標額はこの1割超にあたる。

気候変動や情報通信などの分野でアジアやアフリカの低・中所得国のインフラ整備を支える。首相は26日のG7サミットで「経済的威圧などにG7が中核となり明確な立場を示すべきだ」と述べた。中国の広域経済圏構想「一帯一路」に対抗する。

(後略)

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA263SX0W2A620C2000000/

【【バラマキ】岸田首相「外国さん、8.8兆円あげまーす\(^o^)/」→結果wwwwww】の続きを読む


電力需給に関する検討会合を開催し、注意報・準備情報の新設を決定した。 他社からの電力融通など、あらゆる需給対策を踏まえても、需給ひっ迫する電力会社の供給予備率が3%を下回る見通しとなった場合。 前日の段階で、ピーク時の電力供給の予備率が5%を下回ると予想される場合において、午後4時をめどに発表。
16キロバイト (1,866 語) - 2022年6月26日 (日) 08:43
あしたも暑いみたいですね

1 minato ★ :2022/06/26(日) 18:18:05.02
厳しい暑さの影響で東京電力の管内では27日、電力供給の余力を示す「予備率」が5%を下回る見通しだとして、政府は新たに設けた「電力需給ひっ迫注意報」を初めて発令しました。熱中症の危険性が高まっているため冷房などを適切に使用しながら、使わない部屋の電気を切るなどの節電を求めています。

関東地方では26日、東京の都心で35度以上の猛暑日となるなど厳しい暑さとなっています。

27日も厳しい暑さが予想され、冷房の使用など電力需要が増えることが見込まれています。

資源エネルギー庁によりますとこれによって東京電力の管内では27日、電力供給の余力、いわゆる「予備率」が5%を下回る見通しだとしています。

具体的には
▼午後4時から午後4時半にかけてが4.7%、
▼午後4時半から午後5時までが3.7%と厳しい見通しです。

このため、政府は東京電力の管内に初めて「電力需給ひっ迫注意報」を発令しました。

注意報は5月、新たに設けられた制度で、ほかの電力会社から電力の融通を受けても予備率が5%を下回ると見込まれる場合に、前日の午後4時をめどに発令されることになっています。
政府は熱中症の危険性が高まっているとして、冷房は適切に使用しながら、東京電力管内の家庭や企業に午後3時から午後6時までは使わない部屋の電気を切るなどの節電を求めています。

資源エネルギー庁はさらに気温が上昇し、電力需要が増加した場合や突発的な発電所のトラブルなどが発生した場合、予備率が3%を下回り、「電力需給ひっ迫警報」を発令する可能性もあるとしています。

資源エネルギー庁は午後5時から記者会見をして詳しく説明することにしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220626/k10013689271000.html
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1656232670/

【【緊急】政府「あした暑いけど、エアコン止めてwwwwww」】の続きを読む


。インフレーションの反対はデフレーションであり、財やサービスの一般的な価格水準が持続的に低下することである。インフレーションの一般的な指標はインフレ率で、一般物価指数(通常は消費者物価指数)の長期的な変化率を年率換算したものである。 経済学者は、非常に高いインフレ率やハイパーインフレ
32キロバイト (4,602 語) - 2022年6月10日 (金) 20:29
家計には厳しいですね

1 ギズモ ★ :2022/06/26(日) 07:57:07.83

(出典 pctr.c.yimg.jp)

【一斉値上げの一覧】/(C)日刊ゲンダイ

7.1一斉値上げで「岸田インフレ」さらに加速! 庶民の“怒りの一票”が参院選を揺さぶるか
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20220625-00000015-nkgendai-life

 7.10参院選の大きな争点のひとつは、間違いなく物価高騰だ。選挙期間中もそれは止まらない。7月1日には再び一斉値上げが実施される予定。庶民の怒りが岸田政権を揺さぶらなければおかしい。

 ◇  ◇  ◇

 投開票日までに実施予定の主な価格改定は<別表>の通り。食品、外食、文房具、おもちゃと多岐にわたる。プライベートブランド(PB)「トップバリュ」の価格据え置きで競争力を発揮しているイオンも3品目の価格を引き上げる。原材料高や円安などのコスト増を企業努力で吸収できなくなったからだ。選挙期間中に値上げ発表が相次ぐ可能性もある。

 参院選が公示された22日には、カルビーとUCC上島珈琲が値上げを打ち出した。カルビーはポテトチップスなど計157品を9月1日から順次、5~20%程度アップ。ポテトチップスは今年1月に続き、2回目となる。UCCはレギュラーコーヒーなど36品目が対象だが、一部は再値上げだ。

 23日はリクシルがトイレやキッチンなどの一部商品の価格を最大27%引き上げると発表。9月1日から順次実施する。味の素も家庭用調味料51品目を10月1日から約2~12%値上げする。

■今後も再値上げ、再々値上げは続く

「年初から値上げが続いていますが、これでも末端価格への転嫁はコストアップ分のごく一部です。イオンがPBの値上げに踏み切ったように、経費節減などの企業努力には限界があります。当面は再値上げ、再々値上げは続くでしょう」(経済ジャーナリストの井上学氏)

 食用油は昨春から今春にかけて、5~6回も値上げが実施され、価格は1.5倍に上昇。それでも、コスト増を吸収できていない。原材料高騰による2023年3月期の減益要因は大手3社合計で847億円と見込まれている。たびたび価格を引き上げても、コストに追いつかず、利益が削られてしまうのだ。

 度重なる値上げラッシュで家計はボロボロ。怒りの1票で暮らしを立て直すしかない。

【【参院選】「岸田インフレ」で値上げが急加速!! 怒る庶民の投票先は!?】の続きを読む


Workers ^ “バイデン氏、「バイ・アメリカン」拡大 大統領令に署名”. 日本経済新聞. (2021年1月26日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN25CZG0V20C21A1000000 2021年1月26日閲覧。  ^ “バイデン氏、気候変動対策の大統領令に署名 前政権から大転換”
402キロバイト (58,962 語) - 2022年6月23日 (木) 23:50
非公式なんですね

1 ギズモ ★ :2022/06/25(土) 20:41:43.21

(出典 www.arabnews.jp)

2022年6月24日、ワシントンのホワイトハウスで演説するジョー・バイデン大統領。(資料写真/AP通信)

米国、日本、豪、NZ、英国が太平洋グループを結成
https://www.arabnews.jp/article/japan/article_70473/

米国、オーストラリア、日本、ニュージーランド、英国は、太平洋島嶼国との経済・外交関係を強化することを目的とした非公式なグループを立ち上げたと、24日、ホワイトハウスが発表した。

中国が外国からの投資を求めている太平洋島嶼国との経済、軍事、警察の結びつきを強化しようとする中、バイデン政権はインド太平洋にさらにリソースをつぎ込むことを約束している。

「ブルー・パシフィック・パートナーシップ」と名付けられたこのグループは、太平洋地域主義を支持し、太平洋の島々や世界の他の地域との間の経済的結びつきの強化を模索することになる。

「我々は、太平洋の人々に利益をもたらす地域を支援するという共通の決意で団結している。我々はまた、このビジョンの実現の仕方、つまり、太平洋地域主義、主権、透明性、説明責任の原則、そして何よりも、太平洋の島々が主導し、導くという原則に従うということでも、一致している」と、ホワイトハウスは述べた。

ホワイトハウスのカート・キャンベル・インド太平洋調整官は23日、米国が戦略的に重要な地域で中国に対抗するために関与を強める中、より多くの米国政府高官が太平洋の島国を訪問することを見込んでいると述べた。

キャンベル調整官は、米国には地域全体でより多くの外交施設が必要で、時に「あまり注目されない」太平洋島嶼国との交流を増やす必要があると述べた。

ロイター

【【対中連合】米国、日本、豪、NZ、英国が太平洋グループを結成wwwwww】の続きを読む

このページのトップヘ