ウェイモ(英: Waymo)とは、Alphabet傘下の自動運転車開発企業。2016年12月13日にGoogleの自動運転車開発部門が分社化して誕生した。 プロジェクトは、スタンフォード人工知能研究所で元ディレクターのGoogleエンジニアであるセバスチアン・スランと、Googleストリートビューの発明者が共同で主導している。
17キロバイト (1,887 語) - 2022年6月6日 (月) 21:49
自動運転車 (無人車両からのリダイレクト)
000万マイルに到達したことを報告。同12月には、アリゾナ州フェニックスで限られた地域の限られたユーザーであるが、自動運転タクシーの全米初の商用運用を開始した。しかし、やはり安全のためのドライバーは配置されていた。そして、2020年10月に、完全無人車両での自動運転配車サービスを同区域で開始すると発表した。これには運転手がおらず、トラ
103キロバイト (13,621 語) - 2022年8月31日 (水) 06:48

(出典 ウェイモが開始した「自動運転タクシー」サーヴィス、その厳しい現実が ...)



(出典 完全無人タクシー稼働中! Googleの兄弟会社Waymoが最新の自動運転技術 ...)



(出典 基本料金500円?Googleの無人自動運転タクシーWaymo(ウェイモ)とは ...)



(出典 中国初、完全無人運転車の公道試験を許可 WeRideの快挙 | 36Kr Japan ...)


自動運転進んでますね

1 NAMAPO ★ :2022/09/02(金) 20:25:21.21ID:C977C7AV9
米西部アリゾナ州フェニックス郊外の住宅街チャンドラー。米グーグル
傘下のウェイモが運営する「完全無人運転」の配車サービスがあると知り
ショッピングモールの駐車場で呼んでみた。

スマートフォンに「ウェイモ・ワン」のアプリを入れ、目的地と自分の
居場所を地図上で指定する。配車を頼むと、「6分で到着」の表示。配車
アプリ「ウーバー」と同じ要領だ。

白いワンボックスが記者が立つ場所にピンポイントで止まった。

「こんにちは、イガラシ。この車はあなたのものです。前の座席には誰も乗っていません」

鉄の塊に運ばれた不思議な感覚

車内に乗り込むと、アナウンスが流れた。タッチパネル画面に表示された
「乗車開始」というボタンを押すと、ドアが自動的に閉まり車が進み始めた。
後部座席と運転席の間は透明のパネルで遮られ、ハンドルに触ることはでき
ない。質問がある場合はボタンを押せば、アシスタントが対応してくれるという。

自動でハンドルがくるくると回り、片側3車線の大通りに出た。車は一気に加速し
制限速度の時速45マイル(約72キロ)に。運転手がいない状態で70キロ以上の
スピードで公道を走っていることに、少し怖くなった。(抜粋)

(動画)


(出典 Youtube)



https://www.asahi.com/articles/ASQ8R218PQ8KULFA00F.html

【【自動運転】ウェイモ・完全無人タクシー、呼んでみたらすごすぎた!…公道で一気に時速72キロwww】の続きを読む