安倍晋三


安倍 晋三(あべ しんぞう、1954年〈昭和29年〉9月21日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(10期)、清和政策研究会会長(第10代)、自由民主党憲法改正実現本部最高顧問、ナザルバエフ大学名誉教授。 内閣総理大臣(第90・96・97・98代)、自由民主党総裁(第21・25代)
387キロバイト (54,688 語) - 2022年6月11日 (土) 14:49
自民党は現状維持ですね。

1 minato ★ :2022/06/22(水) 16:48:28.34
 自民党の安倍晋三元首相は22日、東京・有楽町で参院選の党公認候補者の応援演説を行った。安倍政権で正社員の有効求人倍率が改善したとし、「これは金融緩和をやったからこそだ。逆に引き締めたら、まさにあの『悪夢のような時代』に戻ってしまう」と訴えた。

 安倍氏は、21日の党首討論で立憲民主党の泉健太代表が金融緩和の見直しに言及したことについて、「驚愕(きょうがく)した。いまは資源が上がったことによって、物価が上がっている。需要や給料が上がった結果ではない」と強調。「経済を引き締める金融引き締めをやったら大変なことになる」と語った。

 安倍氏は首相在職時、民主党政権を批判する際に「悪夢のような」という表現をたびたび使っていた。

https://www.asahi.com/sp/articles/ASQ6Q4FSFQ6QUTFK00S.html?ref=tw_asahi
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1655879006/

【【自民党】安倍晋三、金融引き締めに言及!!「悪夢の時代」を批判wwwwww】の続きを読む


西村 智奈美(にしむら ちなみ、1967年1月13日 - )は、日本の政治家、国際関係学者。立憲民主党所属の衆議院議員(6期)、立憲民主党新潟県連代表、立憲民主党幹事長(第2代)、立憲民主党ジェンダー平等推進本部顧問。夫は元立憲民主党衆議院議員の本多平直で、戸籍上の姓は本多。
40キロバイト (5,010 語) - 2022年5月1日 (日) 13:53

1 ボラえもん ★ :2022/05/10(火) 20:39:28.02

 自民党の安倍晋三元首相は、日銀による市場を通じた国債の買い入れを巡り「日銀は政府の子会社だ」と発言した。
立憲民主党など野党は日銀の独立性、中立性の観点から問題視し、追及を強める構え。識者から批判が出る可能性もある。

政府、自民党は夏の参院選が迫る中、具体的な論評を避け、事態の早期沈静化を図りたい考えだ。
 安倍氏の発言は9日、大分市での会合で飛び出した。「1千兆円ある(政府の)借金の半分は、日銀が買っている」と説明。

「日銀は政府の子会社だ。60年の(返済)満期が来たら借り換えても構わない。心配する必要はない」と主張した。

 安倍政権が進めた「アベノミクス」以降の経済政策を巡っては、
日銀による大量の国債買い入れに依存して国の借金を膨らませる手法に対し、財政規律を重視する識者が批判してきた。
安倍氏の発言は、政府が日銀を従属させる関係を積極的に唱えたもので、財政の信認を揺るがしかねないとの懸念が強まりそうだ。

 立民の西村智奈美幹事長は10日の記者会見で「アベノミクスと称して異次元の金融緩和を主導した結果、今の財政、経済状況がある」と指摘。
「とうとう本音が出た」とも語り、国会などの場でただす意向を示した。(共同)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/176510


【【政府】え!?立民幹事長「とうとう本音が出た」 安倍晋三氏の「日銀は政府の子会社」発言を国会で追及へ】の続きを読む


安倍 晋三(あべ しんぞう、1954年〈昭和29年〉9月21日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(10期)、清和政策研究会会長(第10代)、自由民主党憲法改正実現本部最高顧問、ナザルバエフ大学名誉教授。 内閣総理大臣(第90・96・97・98代)、自由民主党総裁(第21・25代)
382キロバイト (54,671 語) - 2022年5月3日 (火) 14:45

1 ボラえもん ★ :2022/05/09(月) 19:17:32.23

 自民党の安倍晋三元首相は9日、大分市の会合で、日銀が市場を通じて政府の国債を買い入れていることに触れ、「日銀は政府の子会社だ」と述べた。

 日銀の独立性に対する信頼を損ないかねない発言とも受け取れ、波紋を呼びそうだ。

 安倍氏は「(政府の)1000兆円の借金の半分は日銀に(国債を)買ってもらっている」と指摘。
「日銀は政府の子会社なので60年で(返済の)満期が来たら、返さないで借り換えて構わない。心配する必要はない」と語った。 

https://news.yahoo.co.jp/articles/56f675b43cce841966bb6ef6209573ba9b8c197f


【【政府】え!?安倍晋三氏「日銀は政府の子会社なので、日銀保有の国債500兆円は返さなくていい。」】の続きを読む


安倍 晋三(あべ しんぞう、1954年〈昭和29年〉9月21日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(10期)、清和政策研究会会長(第10代)、自由民主党憲法改正実現本部最高顧問、ナザルバエフ大学名誉教授。 内閣総理大臣(第90・96・97・98代)、自由民主党総裁(第21・25代)
384キロバイト (55,119 語) - 2022年4月10日 (日) 10:16
若い!

1 ボラえもん ★ :2022/04/17(日) 11:21:00.96

akieabe
主人26才。
父の選挙の手伝いでマイクを手にする姿も初々しい。
一番右は楊貴館の岡藤明史くんのお父様、28才。
当然、明史君はこの世に存在していないが、この写真を送ってきてくれたのでシェアします。

#楊貴館
#油谷町
#安倍晋太郎
https://www.instagram.com/p/CcaQ8hDP8WJ/?hl=ja

(出典 i.imgur.com)


【【画像】安倍昭恵さん、当時26歳の安倍晋三氏のモノクロ写真を公開wwwwwwww】の続きを読む


高市 早苗(髙 早苗、たかいち さなえ、1961年〈昭和36年〉3月7日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(9期)、自由民主党政務調査会長(第60代)。 総務大臣(第18代・第19代・第23代)、内閣府特命担当大臣(マイナンバー制度担当)、衆議院議院運営委員長、自由民主党政務調
183キロバイト (25,166 語) - 2022年3月28日 (月) 20:31
政治は難しそう

1 ramune ★ :2022/04/10(日) 17:41:41.68

参議院選後の内閣改造・党人事で高市早苗・政調会長の更迭が確実視されている。安倍晋三・元首相の後ろ盾を失いつつあるためだ。
総裁選であれほど高市氏をあれほど全面支援しながら、安倍氏は高市氏を安倍派に受け入れようとはしない。
それは安倍氏が自民党最大派閥「清和政策研究会」(現・安倍派)の会長に就任(昨年11月)してから顕著になった。

安倍派ベテランはこう話す。
「派内には下村博文・会長代理をはじめ、萩生田光一・経産相、世耕弘成・参院幹事長、福田達夫・総務会長、稲田朋美・事務局長など
ポスト岸田を目指す総裁候補が綺羅星の如く並んでいる。そこに総裁選出馬の実績がある高市さんが出戻ってきたら、総裁候補の地位を奪われかねない。
だから派閥復帰には派内の反対が強い」

振り返ると、安倍氏の“マドンナ切り捨て”は今に始まったことではない。

 第1次安倍政権では現東京都知事の小池百合子氏を総理補佐官や防衛大臣に抜擢したが、首相に返り咲くと第2次政権からは一転して干し上げた。
かわりに重用したのが“タカ派のジャンヌダルク”と呼ばれた稲田氏だった。

当選3回で規制改革相に入閣させたのを皮切りに、自民党政調会長、防衛大臣を歴任させ、一時は党内で「安倍の後継者」とさえ言われた。

 防衛大臣時代に同省の不祥事対応などで能力不足が露呈して事実上解任された後も、すぐに総裁特別補佐や幹事長代行の役職を与えて復権させたほどだ。

 ところが、稲田氏が総裁選出馬に意欲を見せ、「選択的夫婦別姓」容認に転じると一転して距離を置いた。
総裁選への協力要請にも、安倍氏は「一歩一歩頑張ればいい」とクビを縦には振らなかった。

「自分の役に立つと思えば、肩入れして持ち上げるが、言うことを聞かなくなったり、自分の立場を脅かすかもしれないと警戒すると容赦なく突き落とす。
まさに権力者の常套手段です」

 そう語るのは政治評論家の有馬晴海氏だ。

 安倍氏は退陣後も最大派閥の会長として権力を持ち続け、総裁カードを次々に切り捨てて後継者が育つことを許さない。
そのスタイルは“闇将軍”と呼ばれた田中角栄氏にも似ている。有馬氏が続ける。

「キングメーカーの安倍氏はこれまで高市氏を通じて佐渡金山の世界遺産推薦など、岸田政権に注文をつけてきた。
しかし、ロシアのウクライナ侵攻によって、プーチン大統領を外交パートナーとしてきた安倍氏への評価は国際的にも国内でも非常に厳しくなっている。
党内での立場が相対的に弱まってきたから、岸田首相に配慮しなければならない。
3月14日に行われた麻生、茂木氏との3者会談で『政権を支える』と合意したのがその表われです。

 安倍氏は平然と岸田批判を口にする高市氏にこれまでのように肩入れするわけにはいかなくなった。
首相が内閣改造で高市氏を交代させると言えば反対しないはずです」

 ところが、高市氏の更迭は党内の権力バランスの大きな変化につながりそうだ。
“闇将軍”の角栄氏は最後は派内から“クーデター”を起こされて失脚、結束を誇った田中軍団は分裂に追い込まれ、自民党の世代交代を引き起こした。

 実は、最大派閥の安倍派内では、安倍氏が派内から総裁候補を立てようとしないことに不満が溜まり、「安倍離れ」が始まっている。

続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/8e8273ce5dfbdbec4055cfe82b98bc58220da3f3?page=2


【【自民】高市早苗政調会長が更迭へ…安倍晋三氏、“使い捨て”】の続きを読む

このページのトップヘ