女性


パパ活』(パパかつ)は、2017年6月26日から毎週月曜0時にdTV・FODで配信開始された日本のインターネットテレビのドラマ。主演は渡部篤郎、脚本は野島伸司。 視聴者の好評に応え、同年10月12日(11日深夜)より毎週木曜0時55分 - 1時25分 (初回のみ1時25分開始)
13キロバイト (1,637 語) - 2022年5月10日 (火) 02:56
最近よく聞きますね

【【画像】女性「パパ活してきた女は不幸になると思ってたけど、間違いだった」←100万いいねWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW】の続きを読む


また、強制性交等の故意が認められない場合でも、強制わいせつ罪・準強制わいせつ罪・監護者わいせつ罪(刑法176条・178条1項・179条1項)が成立し得る。 強盗犯人が口封じやその他の理由で強制性交等に及ぶケースもあることから、別途、強盗・強制性交等罪(刑法241条)が定められている。
53キロバイト (8,681 語) - 2022年6月19日 (日) 00:17
繰り返してたみたいですね

1 少考さん ★ :2022/06/25(土) 19:01:06.34
女性乱暴「懲役41年」確定へ 44歳男の上告棄却―最高裁
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022062500511&g=soc

2022年06月25日18時20分

女性7人に乱暴したとの強盗強制性交や強制わいせつ致傷などの罪に問われた福岡市南区の無職今泉成博被告(44)について、最高裁第1小法廷(堺徹裁判長)は23日付で、被告の上告を棄却する決定をした。合計で懲役41年とした一、二審判決が確定する。

 有期刑の上限は懲役30年だが、今泉被告は一連の事件のさなかに別の事件で有罪判決が確定。刑法は判決確定の前と後に分けてそれぞれ判決を言い渡すよう定めており、確定以前の事件で懲役16年、以降の事件で同25年を言い渡された。

 一審福岡地裁の裁判員裁判は「被告の順法精神は欠落し、性犯罪に関する常習性は顕著。更生の可能性をうかがわせる事情も見当たらない」などと指摘。合計で懲役40年とした求刑を上回る刑を言い渡した。二審福岡高裁も一審の判断を支持した。

 一、二審判決によると、今泉被告は2018~19年、(略)


※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

【【最高裁】女性7人に乱暴の44歳男、「懲役41年」確定wwwwww】の続きを読む


【事件】え!?茨城の別荘に女性を監禁、死体遺棄!? 30代男を逮捕wwwwww


監禁

監禁(かんきん、confinement)とは、人を一定の区画などに閉じ込め、そこから出る自由を奪うこと。 監禁は部屋の一室や自動車のような比較的狭い空間に閉じ込めた状態にすることをいう。 監禁の程度の低いものは一般に軟禁(なんきん)と呼ぶ。類義語として幽閉がある



すごい事件だ

【【事件】え!?茨城の別荘に女性を監禁、死体遺棄!? 30代男を逮捕wwwwww】の続きを読む


【芸能】え!?アンガ田中、交際中の女性へプロポーズを悩む理由って!?


アンガ田中 交際女性へのプロポーズ「ちょっと悩んでる」理由 “正解”分からず
 「アンガールズ」田中卓志(46)が9日放送のフジテレビ「トークィーンズ」(木曜後11・00)に出演。交際中の30代の一般女性へのプロポーズについて…
(出典:スポニチアネックス)


田中卓志

アンガ田中卓志 女子アナと合コンで記者にお願い「店の前で待ち構えて」”. スポニチ (2018年3月25日). 2018年3月27日閲覧。 田中卓志|ワタナベエンターテインメント アンガールズ・田中 オフィシャルブログ - Ameba Blog(2007年1月14日 - ) アンガールズ田中田中卓志)

田中たなか 卓志たくし
本名 田中 卓志
ニックネーム たなやん
生年月日 (1976-02-08) 1976年2月8日(46歳)
出身地 日本の旗 日本・広島県甲奴郡上下町(現・府中市)
血液型 B型
身長 188cm[1]
言語 日本語
方言 共通語
備後弁
最終学歴 広島大学工学部第四類
出身 現事務所のオーディション
コンビ名 アンガールズ
グループ名 悲愴感(2008年6月 - 9月)
相方 荒木太朗(ラスカルズ)
山根良顕(アンガールズ)
鈴木拓
山本博(悲愴感)
コカドケンタロウ(コカタク)
平坂寛(キモうまハンター)
芸風 コント
立ち位置
事務所 ワタナベエンターテインメント
活動時期 2000年 -
同期 オードリー
スーパーマラドーナ
ナイツ
NON STYLE
南海キャンディーズ
キングコング
平成ノブシコブシ
タイムマシーン3号
ダイアン
ピース
流れ星
U字工事
久保田かずのぶ(とろサーモン)
林健(ギャロップ)など
現在の代表番組 有吉ぃぃeeeee!そうだ!今からお前んチでゲームしない?
呼び出し先生タナカ
他の活動 悲愴感(愴)
配偶者 未婚
公式サイト アンガールズ・田中 オフィシャルブログ powered by Ameba


気になる

【【芸能】え!?アンガ田中、交際中の女性へ「プロポーズ」を悩む理由って!?】の続きを読む


カフェベローチェ (CAFFÈ veloce) は、C-United株式会社が運営するセルフサービス形式のコーヒーショップの店舗ブランド。かつては株式会社シャノアールが運営していた。 過去の運営会社についてはシャノアール (コーヒーチェーン)#株式会社シャノアールを、現在の運営会社についてはC-Unitedを参照。
4キロバイト (436 語) - 2022年4月11日 (月) 16:13
まだ行ったことない

1 ぐれ ★ :2022/06/04(土) 09:43:23.50

※6/2(木) 5:01週刊女性PRIME

《人権・ジェンダー問題の観点から到底許容することの出来ない職務上著しく不適任な言動があったため、(中略)株式会社吉野家取締役から解任しました》(吉野家公式ホームページより)

 不適任な言動とは、以下。

「田舎から出てきた右も左もわからない若い女の子を無垢、生娘のうちに牛丼中毒にする。男に高い飯を奢ってもらえるようになれば、絶対に(牛丼を)食べない」

 4月に早稲田大学の社会人向け講座にて、牛丼チェーン『吉野家』の伊東正明常務取締役企画本部長(当時)が言い放ったものだ。ほかにも『若い女性をターゲットにしたマーケティング戦略』を“生娘をシャブ漬け戦略”と表現。男性客については「家に居場所のない人が何度も来店する」といったような蔑視発言を繰り返した。飲食の大手チェーンでは、このような性差別・蔑視発言は日常なのだろうか。別のチェーンからも聞こえている。

若い従業員が働いていたほうがいい
「(アルバイト契約の)更新回数上限は、若い従業員が働いていたほうがいいからです。私もそうだが、店に若い人が働いていれば、“ああ、また新しい子が入ったんだな”とか目新しさを求めて店に入ります。うちの客には、サラリーマンが仕事の合間に利用する人が多いので、そういう人のニーズでもあります。そうやって従業員が変わったほうが客に店として目新しさを与えることができていいですから」

「うちの会社では、“鮮度”って呼んでますけどね。定期的に従業員が入れ替わって若返ったほうがいいんです。これは、うちの社長の基本的な考え方でもあって、従業員が入れ替わらないとその店の新鮮度が落ちると言っています」

「会社としての利益は、そうやって従業員を入れ替えるほうにメリットがあります」

 これらの発言はコーヒーチェーン大手『カフェ・ベローチェ』の運営会社である株式会社シャノアール(当時)の人事部長が言い放ったもの。『ベローチェ』にアルバイトで勤務していた女性が原告となり、シャノアールを相手取って提訴した裁判の過程での発言だ。

 杉並総合法律事務所の三浦佑哉弁護士は、原告の女性の代理人弁護士としてシャノアールとの裁判に携わった。裁判の内容を解説する。

「原告は当時29歳の女性で、『ベローチェ』千葉店に勤務していました。原告が不当な雇い止めを受けたことから、運営会社である株式会社シャノアールに対して、雇い止め無効、未払い賃金、精神的慰謝料の支払いを求め、東京地裁に提訴した事案となります」(三浦弁護士、以下同)

 雇い止めとは、期間の定めのある労働契約において、雇用期間が満了したときに雇用側が契約を更新せずに、労働者を辞めさせること。

「雇い止めされるまで、3か月間の労働契約を19回更新し、4年11か月もの間働いてきたこと、店舗で唯一の正社員である店長が不在の場合には、『時間帯責任者』として店長に代わって店舗を管理しており、その業務は店舗の根幹かつ恒常的であること、また契約更新手続きが形骸化していたこと、組合と会社間で“原告については上限なく契約更新することの合意”がなされたことなどから、労働契約法19条1号または2号に該当すると主張しました」

続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/6813a0b990715887e166fcc4f6fee584b90d9d99
※前スレ
『ベローチェ』人事部長がバイト女性に言い放った「若くないとクビ」「従業員が入れ替わって若返ったほうかいい」 ★2 [ぐれ★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1654298809/

★1 2022/06/04(土) 07:02:19.23


【【人権】カフェ・ベローチェ人事部長、バイト女性に「若くないとクビだよ」】の続きを読む

このページのトップヘ