太田光


太田 (おおた ひかり、1965年〈昭和40年〉5月13日 - )は日本の漫才師、お笑いタレント、司会者、作詞家、文筆家、川柳作家。 田中裕二との漫才コンビ・爆笑問題のボケならびにネタ作成を担当。埼玉県入間郡福岡町(上福岡市を経て、現・ふじみ野市)出身。タイタン所属。
105キロバイト (15,019 語) - 2022年8月11日 (木) 21:39

(出典 太田光、暗黒期の壮絶体験を明かす「3年間ひと言もほぼ高校では会話を ...)


今後のニュースに注目ですね

1 冬月記者 ★ :2022/08/12(金) 08:04:46.00
https://news.yahoo.co.jp/articles/eab04867202f02cbfec1dba6c5dbf3f7e694d23e

太田光、古市憲寿「このままでは山上容疑者の目論みどおり」…“旧統一教会叩き” やりすぎ論に疑問の声


 安倍晋三元首相の銃撃事件から1カ月。旧統一教会(世界平和統一家庭連合)を追及する声はいまも収まらない。

 逮捕された山上徹也容疑者の知人は、事件前に山上容疑者が「自分の家族が統一教会に関わっていて、霊感商法トラブルでバラバラになってしまった。統一教会がなければ、今も家族といたと思う」と語っていたと本誌の取材に証言している。さらに、山上容疑者の実母は旧統一教会に1億円近くの献金をおこない、破産したこともわかっている。

 こうした過剰な献金をめぐるトラブルや霊感商法など、問題の多い旧統一教会がなぜ “野放し” にされてきたのか。多くの自民党議員が選挙支援を受けるなど、深い関係を持っていたため、政界とのつながりによって厳しい目が向けられなくなったのではないかという疑惑も浮かび上がっている。

 連日ワイドショーで厳しい追及を受ける旧統一教会だが、一部ではこうした風潮に “待った” をかける声が出ている。

 たとえば爆笑問題の太田光は、8月7日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、「そもそも、この問題、きっかけがテロであったことをマスコミはもう少し自覚しないといけない」として、「テロによってわれわれが動き出したっていう自覚を持たないと。こうすれば社会が動くって思う人が潜んでいる」と、“第2の山上” が出現することを危惧した。


 また、8月8日の『めざまし8』(フジテレビ系)では、社会学者の古市憲寿氏が「政治家って票集めのためならなんでもする人たちだと思っている。だから、当然宗教とも付き合うし、他の組織とも付き合う」と語ったうえ、こう続けた。

「一部で報道がヒートアップして旧統一教会批判が起こっているが、もちろん批判すべきことは批判すべきだし、犯罪行為糾弾は必要だが、あまりにヒートアップすると山上容疑者の目論みどおりになってしまう」と、太田と同じように疑義を呈した。

 こうした旧統一教会批判に “待った” をかける言説に対して、ネット上では批判の声が集まっている。

《古市さんの心配は理解出来るのですが、究明しようとする動きを牽制しているように聞こえかねない》

《例えば、秋葉原通り魔事件の後、ネットのコミュニケーションのあり方を議論する事は犯人の目論見通りだったのだろうか?あるいは、相模原障害者施設殺傷事件の後、障害者福祉のあり方を再考する事はどうなのだろうか?》

《だからといって、問題にしなかったら旧統一協会の目論見通りになる》

《こればっかりはヒートアップさせて、一気に法整備まで持っていかないとダメだと思うよ。闇が深すぎるでしょ》

《この際だから徹底的にやった方が良いのではと思う。その意味ではヒートアップも当然。日本のマスコミの場合問題なのはヒートアップすることではなく、熱しやすく冷めやすいということ》

 山上容疑者の公判はまだまだ先になりそうだ。はたして、山上容疑者の “目論み” が何だったのか、これから明らかになる。


前スレ
【芸能】太田光、古市憲寿「このままでは山上容疑者の目論みどおり」… “旧統一教会叩き” やりすぎ論に疑問の声 [冬月記者★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1660225455/

【【サンジャポ】「山上容疑者の目論みどおり」太田光&古市憲寿、“統一教会叩き”を批判!】の続きを読む


太田 (おおた ひかり、1965年〈昭和40年〉5月13日 - )は日本の漫才師、お笑いタレント、司会者、作詞家、文筆家、川柳作家。 田中裕二との漫才コンビ・爆笑問題のボケならびにネタ作成を担当。埼玉県入間郡福岡町(上福岡市を経て、現・ふじみ野市)出身。タイタン所属。
105キロバイト (14,883 語) - 2022年8月2日 (火) 15:08

(出典 太田光の話題・最新情報|BIGLOBEニュース)


様々な意見があるようですね

1 愛の戦士 ★ :2022/08/01(月) 16:59:45.16
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/07/31/kiji/20220731s00041000249000c.html
2022年7月31日 11:37

お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(57)が31日、TBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)に生出演。宗教への勧誘について持論を述べた。

出演者の3時のヒロイン・福田麻貴は、大学時代に「“ゴスペル見に行きませんか?”みたいな感じで知り合った女の子に呼ばれて行ったら、宗教っぽい感じの教会で。みんなにあいさつさせられて、みんなでお菓子食べてみたいな」経験があると告白。非日常の体験で「これ宗教だったんだ」と察したという。

このエピソードに、太田は「(勧誘者が)友達の中にいるのかなって警戒する気持ちもわかるけど、じゃあその友達が悪なのかっていうとそうじゃないよね。何かを信仰するってことは自由だし」とコメント。「勧誘している人も悪意があってやっているわけではない。あくまでも善意なんだっていう。それが難しい」と述べた。

★1:2022/07/31(日) 18:45:41.79
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1659260741/
※前スレ
【芸能】太田光 宗教勧誘に持論 「悪なのかっていうとそうじゃない」「あくまでも善意なんだっていう」 ★2 [muffin★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1659274386/

【太田光、話題の宗教勧誘にコメント!「悪じゃない善意」】の続きを読む


炎上(えんじょう、英: Flaming)とは、インターネット上のコメント欄などにおいて、批判や誹謗中傷などを含む投稿が集中することをいう。炎上による損害は、心理的、経済的なものが発生しうる。 ブログやSNS内の日記は、非公開やコメント禁止といった設定を別途しない限り、誰でもコメント欄にメッセージを
40キロバイト (6,388 語) - 2021年10月23日 (土) 20:02



1 牛丼 ★

 (略

太田は「まぁ、日本中が怒っているね。とにかく燃えている。選挙特番って難しいな」と反省。ネットの書き込みを見て「もう罵詈雑言。『言葉遣いが悪い』とか、おっしゃるとおり。何も反論できない」と詫びた。

甘利氏へ告げた「ご愁傷様」については、過去に共演経験があるだけに、「かわいそうで、あまりにしょんぼりしていたから」と釈明した。

そのほかの政治家たちとのやり取りについても、「確かにテクニック不足は否めない。政治家全員がムッとする選挙速報って見たことない」と苦笑。特番のCM中に、周りのスタッフから「もっと政治家の話を聞いてください。言葉遣いに気をつけてください」と注意されたという。

その場は「わかった」と言ったものの、エキサイトしてしまい、「俺の暴走だよ」と認めた。「キャスティングミスかわからないけど、『選挙特番って、そんなに神聖な場所だったの?』って思っている。オレの態度は悪いんだろうけど」と見解を語った。
★抜粋記事
https://nordot.app/828428483060400128?c=642615283276121185


【爆笑問題の太田光さん、特番での発言、炎上を反省。「日本中が怒っている。何も反論できない。」】の続きを読む

このページのトップヘ