動画


モデルYModel Y)は、アメリカのテスラが製造・販売しているクロスオーバーSUVタイプの電気自動車である。 ロードスター、モデルS、モデルX、モデル3に続くテスラの5番目の電気自動車。 小型EVセダンのモデル3をベースに開発された。モデル3よりも約10%ボディが大きく、モデル3の同じバッテリ
8キロバイト (842 語) - 2022年5月8日 (日) 17:28
怖いな

1 Ikh ★ :2022/05/24(火) 15:43:00.15

カナダ・バンクーバーの路上で、2021年式テスラModel Yが炎上し、ドアが開かなくなった車内からドライバーが窓を蹴破って脱出するという事故があった。

ドライバーは運転中、突然エラー警告とともにEVがシャットダウンし、車内に煙が溢れたと述べている。さらに社外へ出ようにも電源喪失状態でドアの電動ラッチが解除できず、パワーウィンドウも動かなかったため、やむなく運転席の窓を蹴破って脱出したと証言している。

なお、車内のディスプレイ表示にはただ“エラー”と表示されるのみで、何がどう問題なのかといった情報はなかったとのこと。このテスラModel Yは納車後8か月しか経過していなかった。

念のために記しておくと、テスラ車はすべてで電動ドアを採用しているが、このケースのように電源喪失状態になったときに備え、緊急用の機械式ドアレバーも備えている。ただ、普段から使い慣れていないうえ、火が出ようかという状況でドライバーがとっさにそれを思い出し、ドアを開けるというのは難しかったことだろう。

EVおよび再生可能エネルギーに関するニュースを扱うElectrekは、電気自動車はガソリン車に比べて火災の発生率が高いことに注意すべきだと述べている。

通常、自動車の火災は、激しい衝突などによって燃料タンクやバッテリーセルが破損して発生することが多い。しかし、EVに使用されているリチウムイオンバッテリーは、まれに内部のショートや過熱などで予兆なく出火することもあり、さらに車体底部にセルが敷き詰められている構造上、車体全体を包み込む大きな火災に至る可能性が高い。また鎮火後もセル内部で再びショートするなど、再発火のリスクもある。

まだ購入して8か月ということもあり、今回出火したModel Yは補償される模様。ドライバーは代わりのクルマを探そうと思っているものの、テスラはもう候補にはないと述べている。

Source:CTV News
via:Teslarati, Electrek

PHILEWEB 2022/05/24
https://www.phileweb.com/sp/news/hobby/202205/24/5496.html


【【海外】嘘だろ...!?テスラModel Yが炎上。電動ドア開かず、運転手は窓を蹴破って脱出:動画あり】の続きを読む


あおり運転あおりうんてん)とは、道路を走行する運転者が、運転中に他の運転者を煽ることによって、道路における交通の危険を生じさせ、通行をみだりに妨害する行為の総称である。日本の道路交通法においては「妨害運転」とされている。2020年6月30日の改正道路交通法及び施行令により、急追突事故も招く車間距
53キロバイト (7,716 語) - 2022年2月18日 (金) 12:38
危ない

1 孤高の旅人 ★ :2022/05/10(火) 18:49:04.11

【独自】ランボルギーニ“あおり運転”…恐怖の10分 一部始終
5/10(火) 11:48配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/c5ab0c65d2af390c8197af40ff0defd14c0d6dcb   動画あり

 高級スポーツカー「ランボルギーニ」による“あおり運転”です。ドライブレコーダーが恐怖の一部始終を捉えていました。

■怒号に幅寄せ…恐怖の10分

 家族での楽しい旅行は一転、恐怖の時間となりました。

 撮影者の車に後方から近付いてきたのは、ランボルギーニ「ウラカン」。高いものだと、3000万円を超える高級スポーツカーです。

 そのランボルギーニが、高速道路上でウインカーも出さずに右へ左へ、ふらふらと走行しています。

 撮影者の男性は、先に行かせるために、車線を変更。すると、ランボルギーニは追い抜かずに並走し、エンジンをうならせながら、幅寄せを始めたのです。

 先に行くよう促しますが、窓を開け、怒鳴りながら、しきりに「窓を開けろ」と指示。時折、クラクションを鳴らしては幅寄せを繰り返します。

 撮影者:「本当に、横の間隔がほとんどない。ミラーに当たるんじゃないかというくらい。ちょっとでも、ぶつかるだけで大惨事になるので、本当に怖かった」

 車には妻と3歳の息子が…。身の危険を感じ警察に通報します。

 しかし、あおり運転は、さらにエスカレート。ランボルギーニは、車線をまたぎながら、前へ出て減速しました。

 一歩間違えば、重大な事故につながる危険な運転です。なんとかランボルギーニをかわし、先を急ぐと、目の前にはETCが…。ランボルギーニは、ゲートのすぐ先でも減速し、幅寄せしてきました。

 危険な状況に、男性は警察に早く助けてほしいと訴えます。

 警察:「止めることって、できそうです?」
 男性:「ちょっと、できない」
 警察:「何で、止まれないんですか?」
 男性:「もう、あおられてるから。危ないから」
 警察:「止めることは、できませんか?」
 男性:「できないです。幅もないです。止まる場所もない」
 警察:「左に寄せることって、できない?」
 男性:「できない、できない」

以下はソース元


【【動画】これはヤバい!?ランボルギーニ“あおり運転”…恐怖の10分】の続きを読む


古谷 (ふるや とおる、1953年7月31日 - )は、日本の声優、俳優、ナレーター。神奈川県横浜市磯子区出身。青二プロダクション所属。関東学院六浦高等学校、明治学院大学経済学部商学科卒業。別名義に蒼月 昇(そうげつ のぼる)がある(後述)。妻は元声優の間嶋里美。元妻は声優の小山茉美。
133キロバイト (14,617 語) - 2022年4月22日 (金) 20:21

1 風吹けば名無し :2022/04/27(水) 15:46:07.17

歳とったアムロだろこれ

(出典 i.imgur.com)


【【動画】現在の古谷徹、もうただのアムロwwwwww】の続きを読む


株式会社がヤマト運輸株式会社(当社)に商号変更した上で、ヤマトホールディングス株式会社のすべての事業を、吸収分割により当社が譲受して事業会社化し、純粋持株会社体制へ移行した。 「宅急便(タクキュウビン、タッキュービン)」は商品名であり、ヤマトホールディングス株式会社の登録商標
131キロバイト (19,280 語) - 2022年4月24日 (日) 13:49

【【動画】ヤマト宅急便、路上駐車して車を放置】の続きを読む


ウクライナ危機 > ウクライナ紛争 (2014年-) > 2022年ロシアのウクライナ侵攻 2022年ロシアのウクライナ侵攻(2022ねんロシアのウクライナしんこう、ロシア語: 2022 Вторжение России на Украину、ウクライナ語: 2022 Російське вторгнення
241キロバイト (30,226 語) - 2022年4月26日 (火) 05:09
残念

1 アリス ★ :2022/04/26(火) 17:26:18.01

林外務大臣は、ウクライナ外務省がツイッターに投稿した各国への感謝のメッセージの中に日本が含まれなかったことについて、ウクライナ政府から「武器支援への謝意」であるとの説明があったことを明らかにしました。

林芳正外務大臣
「武器支援への文脈において、支援を行った国々への謝意が示されたものとの説明がウクライナ側からあり」

林外務大臣はウクライナ外務省が25日付でツイッターに投稿した軍関係者による各国の支援への謝意について、このように述べ、日本の支援内容は対象外であったとの見解を示しました。

また、林外務大臣はウクライナ政府から日本の人道支援や財政支援、防衛装備品の供与などについて、「最大限の支援に改めて謝意を表明する」と伝えられたとしています。

2022年4月26日(火) 17:13
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/31458


【【政府】支援感謝の動画で日本含まれず ウクライナ政府「武器支援への謝意」と説明】の続きを読む

このページのトップヘ