トレンド


尼崎市立立花南小学校 尼崎市立立花西小学校 尼崎市立立花北小学校 尼崎市立名和小学校 尼崎市立塚口小学校 尼崎市尼崎北小学校 尼崎市立水堂小学校 尼崎市立七松小学校 尼崎市立武庫小学校 尼崎市立武庫南小学校 尼崎市立武庫北小学校 尼崎市立武庫東小学校 尼崎市立武庫庄小学校 尼崎市立武庫の里小学校 尼崎市立園田小学校
75キロバイト (9,839 語) - 2022年6月16日 (木) 08:51
個人情報が…

1 minato ★ :2022/06/23(木) 16:27:48.42
 兵庫県尼崎市が6月23日、全市民約46万人の個人情報が入ったUSBメモリを紛失した件について緊急会見を行いました。この中で、記者からの質問に対し、USBメモリにかけられたパスワードの桁数を言ってしまう場面がありネット上が騒然となっています。絞り込みやすくなってしまった……。

【ネット上の総ツッコミ】

 尼崎市の発表によると、紛失したUSBメモリは住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付における個人情報を含んだもの。統一コード、氏名、郵便番号、住所、生年月日、性別、住民となった年月日などが記録されていました。

 紛失の原因は、委託業者の関係社員がデータ移管作業のために必要なデータを記録したUSBメモリを無断で持ち出したこと。作業終了後もデータの消去をしないまま飲食店に立ち寄ったところ、USBメモリの入ったかばんを紛失しました。

 この時点で委託業者のデータ管理のずさんさに、ネット上では憤る声が噴出していました。しかし会見で記者からの「第三者にUSBメモリのパスワードを突破されることはありえるか」といった旨の質問に対し、市の担当者がパスワードの桁数を言ってしまったためさらにツッコミが加速することになってしまいました。

 ネット上では今回の会見に対し、「尼崎市、会見でUSBのパスワードの桁数とか答えてたわ…」「情報セキュリティーの教材かな?」「やらかし重ねてるの面白かった」「尼崎市の被害者感が強かったが、会見でパスワード桁数を言ってしまったことにより、尼崎市も走って追いついてきた感」といった声が寄せられていました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3a0819278fd96d9767d575475e8e5818f3942bdd


【安全安心】全市民46万人分のUSB紛失 尼崎市が会見「パスワードは英数文字含めた13桁のため解読はかなり難しい」 [minato★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1655962659/

【【尼崎市】USB紛失の会見でパスワードの大ヒントを出し「amagasaki2022」 がトレンド入りwwwwww】の続きを読む


【音楽】中島みゆき、深夜にトレンド?!NHK「名曲集」放送「命の別名」


中島みゆき、深夜に突然トレンド入り NHK「名曲集」放送「命の別名」にも注目
 シンガー・シングライターの中島みゆきが16日未明、いきなりトレンドワードの上位にランキングされた。15日深夜にNHK総合で「中島みゆき名曲集~豪華トリビュー…
(出典:デイリースポーツ)


中島 みゆき(なかじま みゆき、本名:中島 美雪(読みは同じ)、1952年2月23日 - )は、日本のシンガーソングライター、ラジオパーソナリティ。北海道札幌市出身。1975年にシングル『アザミ嬢のララバイ』でデビューした。公式ファンクラブ名は「なみふく」。
128キロバイト (8,141 語) - 2022年4月15日 (金) 18:35


名曲多すぎる

【【音楽】中島みゆき、深夜にトレンド?!NHK「名曲集」放送「命の別名」】の続きを読む


連続テレビ小説 > ちむどんどんちむどんどん』は、2022年度前期放送のNHK「連続テレビ小説」第106作として、同年4月11日から放送されている日本のテレビドラマ。沖縄の本土復帰50年を記念し、沖縄本島北部のやんばるを舞台としている。沖縄料理に夢を懸けるヒロインと強い絆で結ばれた4兄妹の「家族」と「ふるさと」の物語。
22キロバイト (2,387 語) - 2022年4月12日 (火) 01:15
やっぱ朝ドラはいいですね!

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/12(火) 10:13:08.58

4/12(火) 9:31配信
スポニチアネックス

連続テレビ小説「ちむどんどん」の番組ロゴ(C)NHK

 女優の黒島結菜(25)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)が11日にスタートし、初回の平均世帯視聴率は16・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが12日、分かった。視聴スタイルの変化もあり、朝ドラ初回の大台20%割れは4作連続。前作「カムカムエヴリバディ」の初回16・4%を0・3ポイント上回った。

 2020年後期「おちょやん」初回18・8%、21年前期「おかえりモネ」初回19・2%、21年後期「カムカムエヴリバディ」初回16・4%に続く大台割れも、SNS上の反響は「#ちむどんどん」がツイッターの国内トレンド1位と好発進。12日放送の第2話に戦争の話が盛り込まれるなど、今後の展開が注目される。

 朝ドラ通算106作目。タイトルは沖縄のことばで「チム(肝=心胸・心)が高鳴る様子」「胸がドキドキする」という意味。映画「パッチギ!」「フラガール」などで知られ、14年後期「マッサン」を担当した羽原大介氏がオリジナル脚本を手掛ける。今年、本土復帰50年を迎える沖縄を舞台に、沖縄料理に夢を懸けるヒロイン・比嘉暢子(のぶこ)ら個性豊かな4きょうだい、本土復帰からの歩みを描く。

 初回は1964年、沖縄はまだアメリカ統治下。明るい母・優子(仲間由紀恵)と優しい父・賢三(大森南朋)、そして兄妹たちに囲まれ、本島北部・やんばる地域に伸び伸び暮らす小学生の暢子(稲垣来泉)は、美味しいものが大好き。ある日、村に東京から転校生・青柳和彦(田中奏生)がやってきた。暢子にとって、生まれて初めて見る東京の人で…という展開だった。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/7384f9b3cb4aed80285df2b25744a8db84c2d1d3


【【朝ドラ】「ちむどんどん」初回視聴率16・7%で「カムカム」上回る!!トレンド1位に】の続きを読む

このページのトップヘ