映画・音楽


OK ROCK rockinon.com 2018年07月11日 ^ FTISLAND新作にワンオクTakaとの共作曲収録 音楽ナタリー 2015年3月23日 ^ RADWIMPS野田洋次郎、Takaと歌う「バイ・マイ・サイ」で被災地支援 音楽ナタリー 2016年4月28日 ^ https://s
23キロバイト (2,468 語) - 2022年5月16日 (月) 22:47
これはミュージシャンならではでしょうか

1 muffin ★ :2022/06/28(火) 18:03:25.31
https://www.j-cast.com/2022/06/28440302.html

(出典 www.j-cast.com)

2022年06月28日

ロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカル、Taka(34)さんの発言が音楽ファンの間で物議を醸している。

2022年6月23日のインスタグラムのライブ配信で、今夏に出演するロックフェスで観客を「煽る」と宣言。会場内での声出しは厳禁だが、自身の行動でフェスを「出入り禁止」になっても構わないとした。

バンドは22年8月に大型フェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022」(千葉市)と「SUMMER SONIC 2022」(千葉市、大阪市)、9月にはロックバンド・WANIMA主催の「1CHANCE FESTIVAL 2022」(熊本県合志市)に出演予定だ。

会場内の新型コロナウイルス対策のため、「ROCK IN JAPAN」では「大声での歓声や合唱・接触行為の禁止」、「1CHANCE FETIVAL」では「大声での会話・声援の禁止」を掲げている。(SUMMER SONICの感染対策は6月28日時点で未発表)
中略

「とにかく、俺は煽るよ。煽るけど、反対の意味だと思って、みんなは。俺は普通にライブやりたいから。普通にライブする。たぶん『歌って』とか言っちゃうと思うし、テンション上がりすぎて『暴れろ』とか言っちゃうかもしれない。言わせといて、それは。しょうがねえじゃん、ロックバンドなんだから。言わせてよ。久々なんだから」

「『Takaふざけんな』って思う人いるかもしれない。それはもう先に謝っとく。ごめん。そういう風に、発散したいんだ俺も。だから、君たちがルールを守ってくれていれば、俺はお前らを信じて煽る。だから、俺は言う、という感じで行こうかなと思っています。怒られるかな、怒られるだろうな。でも、しょうがないよね。だってもう2年も3年も我慢したんだもん。言うぐらい許してよ」

「わかんないけど、ロックフェスに観に来る奴はある程度の覚悟決めて来てんだろ?わかんねえけど。そっち(客席)には(ウイルスを)持ってっちゃいけないってのはわかってるけど。もちろんルールは守るべきだと思うんだけど。俺はみんながルールをわかって来てると思ってるから、俺はそれを信じて、暴れさせていただきますっていうだけ。ごめんね」

その後、視聴者から「それでクラスター(感染者集団)になったら責任取れるんですか?」というコメントが寄せられると、Takaさんはこう反論した。

「だからさ、説明してんじゃん今。クラスターになったら誰も責任は取れないよ。でも、そういう風に、楽しくしようって言ってんの。頭悪いなお前」

Takaさんの発言に、ネット上の音楽ファンからは「さすがにマスク声出し禁止なんてフェスは無理よ」「心から声がもう出てしまったら仕方ない」などの声が。一方で、観客にルール遵守を呼びかける反面、自身は「観客を煽る」としたTakaさんのスタンスには疑問の声も聞かれている。

全文はソースをご覧ください

【【疑問】ワンオクTaka、コロナ禍の声出し厳禁に「ロックだし」→!?】の続きを読む


吉田 拓郎(よしだ たくろう、1946年〈昭和21年〉4月5日 - )は、日本のシンガーソングライター、音楽プロデューサー、俳優。本名同じ。旧芸名は平仮名のよしだたくろう。鹿児島県伊佐郡大口町(現在の伊佐市)生まれ、広島県広島市育ち。 血液型A型。身長176.5cm。竹田企画(事務所)、avex
365キロバイト (49,616 語) - 2022年6月25日 (土) 09:06
楽しみですね

1 湛然 ★ :2022/06/25(土) 05:18:25.20 ID:CAP_USER9.net
吉田拓郎 最後のテレビ出演はKinKi Kidsと一緒に…5年ぶりに「LOVE LOVE あいしてる」復活
2022年6月25日 5時0分スポーツ報知
https://hochi.news/articles/20220624-OHT1T51231.html?page=1
5年ぶりに復活する「LOVE LOVE あいしてる」の特番で、最後のテレビ出演となる吉田拓郎(中)を囲むKinKi Kidsの堂本剛(左)、堂本光一

(出典 hochi.news)



 人気デュオのKinKi Kids、シンガー・ソングライターの吉田拓郎(76)がタッグを組むフジテレビ系音楽番組「LOVE LOVE あいしてる」が5年ぶりに復活し、「最終回・吉田拓郎卒業SP」(7月21日・後8時)として放送される。拓郎は同番組が最後のテレビ出演となり、番組も最終回となる。

 1996年にスタートし、当時はデビュー前の堂本光一(43)、堂本剛(43)と、大スターの拓郎の異色の組み合わせで人気を博した伝説の番組。2001年のレギュラー放送終了後、17年に特番が放送された。今回は5年ぶりの再集結で、おなじみのスタッフ・キャストで最終回を彩ることとなった。

 セミリタイアを宣言している拓郎は、29日にラストアルバム「ah―面白かった」をリリースする。「光一と剛と最後に一緒にやって、一緒の時間を過ごして、それを最後のテレビ出演とするのはどうかなと、かねてから思っていました」とプロデューサーに自ら働きかけたそうで「僕はとてもすてきな有終の美を飾れそうで、とても幸せ」と語る。

 キンキの2人にとっても、楽器に触れたこともない少年時代に出会い、ギターや曲作りの喜びを教わった、原点の番組。最終回では拓郎が作詞し、キンキが曲をつけた初の共同楽曲「Sayonara あいしてる」を一夜限りのパフォーマンスで披露する。

 放送当日は、キンキのデビュー25周年記念日。恩人と共に過ごす時間を光一は「おのずと道ができていく、そこに全員が向かっていってしまう、それが拓郎さんの持つエネルギー。昔も今もそうやって変わらないのがすてきだし、そこにいられることが幸せ」としみじみ。剛も「久しぶりにこのメンバーで過ごして、めちゃくちゃ楽しい。この空気感を皆さんに伝えるべく、本番はナチュラルに過ごそうかなと思っています」。3人の新たな門出の背中を押すような、温かい番組を届けるつもりだ。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

【【音楽】吉田拓郎、5年ぶり!最後のテレビ出演はKinKi Kidsとwwwwww】の続きを読む


山下 達郎(やました たつろう、1953年〈昭和28年〉2月4日 - )は、日本のシンガーソングライターで、ミュージシャン。日本における旧来の愛称はヤマタツ。外国語のクレジットではTatsuroをTatsuもしくはTatsと綴ることがある。東京都豊島区池袋生まれ。妻は竹内まりや(シンガーソングライター)。
145キロバイト (18,096 語) - 2022年6月25日 (土) 09:11
時代の流れでしょうか

1 muffin ★ :2022/06/24(金) 20:04:04.33 ID:CAP_USER9.net
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/06/24/kiji/20220624s00041000477000c.html
2022年6月24日 17:56 ]

シンガー・ソングライターの山下達郎(69)が24日、TOKYO FM「JUMP UP MELODIES」(金曜後1・00)にゲスト出演。11年ぶりのアルバム「SOFTLY」について語った。

アルバムが11年ぶりの発売になったことに「ライブ主導でここ十数年やってたので、レコードよりライブ」とライブ主体で活動していたとした。

そして「結局、今ほとんど配信じゃないですか。パッケージでアルバム出すって2020年にはないと思ってたんですよ」と語り、11年前の2011年にアルバムを出したが「次はパッケージないな」と思っていたことからライブ主体に移行していたとした。

「僕らの世代は音楽活動といえば、あくまでアルバムなんですよ。アルバムを作ってそのためにお披露目のためにツアーして、ツアーで新曲を披露してアルバムにつなげると。レコーディング、アルバムが主でライブが従だったんですよ。ここ13、14年はライブが主でレコードが従でずっとやってた」と振り返った。

もし今後、音楽が配信のみになったらと問われると「なくなったら、なくなくやります。アナログプレーヤーがなくなったからしょうがないからCDになった。完全にネットでのサ*クで聞くしかない時代になったらそれはしょうがない。ぎりぎり粘ってる。シーラカンス状態」と笑いながら語った。

【【音楽】山下達郎、サブスク配信に「ぎりぎり粘ってる。シーラカンス状態」】の続きを読む


Gunsのトレイシー・ガンズらによって結成される。バンド名は、互いの前身バンド名を組み合わせ、Guns N' Rosesと名付けられた。しかし、このメンバー構成は長続きせず、トレイシー・ガンズをはじめとするL.A.Gunsの3人の元メンバーが相次いで脱退。代わりにベーシストのダフ・マッケイガン
56キロバイト (5,570 語) - 2022年4月3日 (日) 10:13
めちゃくちゃいいですね!

1 湛然 ★ :2022/06/24(金) 13:08:54.18
ガンズ・アンド・ローゼズの来日公演決定
2022/06/24 12:07掲載(Last Update:2022/06/24 12:08) amass
https://amass.jp/158661/


ガンズ・アンド・ローゼズ(Guns N' Roses)の来日公演が決定。11月5日(土)、6日(日)の二日間、さいたまスーパーアリーナにて行われます。

現在のメンバーは Axl Rose、SLASH(guitar)、Duff McKagan(bass)、Dizzy Reed(keyboards)、Richard Fortus(guitar)、Frank Ferrer(drums)、Melissa Reese(keybords)。

<GUNS N ROSES JAPAN TOUR 2022 公演詳細>

■2022年11月5日(土)さいたまスーパーアリーナ
OPEN 16:00 / START 18:00
GOLD指定席 35,000円 / SS席 19,000円 / S席 15,000円(各税込全席指定)

■2022年11月6日(日)さいたまスーパーアリーナ
OPEN 15:00 / START 17:00
GOLD指定席 35,000円 / SS席 19,000円 / S席 15,000円(各税込全席指定)

チケット先行受付の詳細は近日発表予定
一般発売は8月27日~

詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
https://gunsnrosesjapantour.com/


●ガンズ・アンド・ローゼズ来日公演が決定!


(出典 Youtube)


【【洋楽】ガンズ来日決定!!えっ!?誰やコレwwwwww】の続きを読む


映画の配信媒体 映画館 オリジナルビデオ テレビ映画 ネット配信 映画の著作物 映画の分類 映画のジャンル 映画のレイティングシステム 映倫 - 日本ビデオ倫理協会 映画映画評論 映画映画技術史(英語版) 映画用語 映画会社 映画学校 映画プロデューサー - 映画監督 - 脚本家 - 映画俳優
44キロバイト (5,638 語) - 2022年6月19日 (日) 13:53
映画観たくなりますね

1 牛丼 ★ :2022/06/21(火) 17:28:11.62
名作映画おすすめ人気ランキング59選|洋画・邦画の中から不朽の名作を厳選!

BestOne編集部 :2022年06月20日

映画にはたくさんの名作映画と呼ばれる作品があります。そこでこの記事では、洋画・邦画の中から不朽の名作と呼ばれるおすすめの作品を60作品厳選しました。感動の物語や懐かしい作品、そして恋愛映画など様々なジャンルをピックアップしています。作品については受賞歴や作品の見どころ、そしてあらすじについても触れています。ぜひ参考にご覧ください。

迷ったらコレ!ランキング人気商品
名作映画おすすめ人気ランキング59選

59位 『きみに読む物語』
58位 『最強のふたり』
57位 『千と千尋の神隠し』
56位 『クレイマー、クレイマー』
55位 『ローマの休日』
54位 『サウンド・オブ・ミュージック』
53位 『カサブランカ』
52位 『フォレスト・ガンプ 一期一会』
51位 『シザーハンズ』

50位 『ロシュフォールの恋人たち』
49位 『告発』
48位 『ジョーカー』
47位 『仮面/ペルソナ』
46位 『地獄の黙示録』
45位 『めまい』
44位 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
43位 『イヴの総て』
42位 『アニー・ホール』
41位 『ユージュアル・サスペクツ』

40位 『雨に唄えば』
39位 『シンドラーのリスト』
38位 『マイ・レフトフット』
37位 『羊たちの沈黙』
36位 『ソナチネ』
35位 『ニュー・シネマ・パラダイス』
34位 『ダンサー・イン・ザ・ダーク』
33位 『E.T.』
32位 『スタンド・バイ・ミー』
31位 『ムーンライト』

30位 『AKIRA』
29位 『レオン』
28位 『女と男のいる舗道』
27位 『セブン』
26位 『ファイトクラブ』
25位 『カッコーの巣の上で』
24位 『アンダルシアの犬』
23位 『ライフ・イズ・ビューティフル』
22位 『レ・ミゼラブル』
21位 『ミツバチのささやき』

20位 『十二人の怒れる男』
19位 『ショーシャンクの空に』
18位 『市民ケーン』
17位 『タイタニック』
16位 『時計じかけのオレンジ』
15位 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
14位 『ゴッドファーザー』
13位 『素晴らしき哉、人生! 』
12位 『パルプ・フィクション』
11位 『大人は判ってくれない』

10位 『羅生門』
9位 『タクシードライバー』
8位 『8 1/2』
7位 『生きる』
6位 『炎628』
5位 『モダン・タイムス』
4位 『気狂いピエロ』
3位 『東京物語』
2位 『道』
1位 『2001年宇宙の旅』
以下ソース

(出典 imgcp.aacdn.jp)

https://thebest-1.com/amp/a6137/#

【【2022年版】洋画・邦画、不朽の名作「映画」ランキング59選wwwwww】の続きを読む

このページのトップヘ