誹謗中傷は良くないですね

1 Anonymous ★ :2022/06/28(火) 17:12:56.37
 ホテル紹介ユーチューバー「マイラーズTV」が28日までに自身のSNSを更新。掲示板サイト「5ちゃんねる」への誹謗(ひぼう)中傷の書き込みに対し、権利侵害が認められたとして相手の情報開示に成功したと報告。「これが少しでも誹謗中傷の抑止になると嬉しい」と呼びかけた。

 マイラーズはツイッターに「私に対して誹謗中傷した人を特定し、謝罪文と慰謝料を貰いましたので公開します」と投稿。「本件は5ちゃんねるへの複数の書込みが対象です。慰謝料は2,819,000円。誠意ある謝罪と受け止め、解決としました。解決までに10ヶ月間を要しました。誹謗中傷に対しては、引き続き毅然と対処していきます」と発表した。

 「本件はプロバイダーへの発信者情報開示請求訴訟において、書込みは違法なものであるとして、私への権利侵害が認められました(判決書抜粋)。判決で私の請求は全面認容され、プロバイダーから氏名/住所/電話番号等が開示されました。開示後、相手は私からの謝罪要求に即座に応じてくれました」と経緯を明かし「ネットの誹謗中傷に対し社会の目はとても厳しくなっています。厳罰化や開示の簡素化などの法整備もされます。開示されたら個人が明らかになり、不法行為の責任追及を受けることになります。そんなリスクを冒して人を誹謗中傷をすることに何の意味や価値があるのか、私には全く理解できません」と怒りをあらわに。

 マイラーズは「これを見て、こんな*なことをする人が少しでも減ればいいなと思います」というコメントに対し「少しでも誹謗中傷の抑止になると嬉しいです」とつづっていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f9fe022f9edbc2bdfb34e9ea6d2ceb76ac82f4d5

【【誹謗中傷】人気ユーチューバー、「5ちゃんねる」誹謗中傷の犯人特定wwwwww】の続きを読む


ウェイバックマシン。また、麻生太郎の従兄弟に当たる人物がブラジルに移民していたことも近年になって判明した。麻生総理の従兄弟とついに接触! 学移連出身だった忠氏 「人生一度だけ!」と熱弁[リンク切れ]VillageJapan 2008年12月31日 ^ この採掘事業を開始したのは、麻生太郎の父親である麻生太
214キロバイト (28,479 語) - 2022年6月21日 (火) 07:00
シュールですね

1 minato ★ :2022/06/28(火) 17:28:58.27
 参院選(7月10日投開票)の比例代表にれいわ新選組から立候補している「浅草キッド」の水道橋博士氏(59)が自民党の麻生太郎副総裁(81)と対面するも*ジョークを浴びせられる洗礼を受けていた。

 博士氏は公示後初の選挙サンデーとなった26日、神奈川・横浜駅前での街頭演説会後に隣の桜木町駅前で行われていた自民党の浅尾慶一郎氏の街頭演説会を見学。浅尾氏の応援に駆け付けていたのが麻生氏だった。

 博士氏はかつて「週刊アサ秘ジャーナル」(TBS系)で数多くの国会議員にインタビューを敢行し、麻生氏とは交流が深い。麻生氏は「漫画好き」「アキバ好き」で有名だが、その異常なほどの漫画愛を世に言い立てたのが博士氏で、番組内で取り上げたのがきっかけだったという。

 街頭演説会の終わりに麻生氏が聴衆とグータッチを交わす中、待ち構えていた博士氏は「麻生さん、お久しぶりです。水道橋博士です」と声をかけたところ、返ってきた答えはなんともシュールなものだった。

 麻生氏は「おー」と驚きの表情を見せたが、博士氏が「れいわから出ることになりました」と伝えるや「まだ生きてんの?」と一言。あっけにとられた博士氏は「頑張ります」と答えるしかなかった。

 麻生氏のにべもない対応に博士氏は「4回くらいロングインタビューしているし、麻生さんの漫画好きは僕が世に広めた。僕の奥さんの実家は料亭で、そこには必ず麻生さんがいらっしゃって、僕の義理のお父さんには『あなたのお婿さんに総理大臣にしてもらったんだよ』と言っていたくらい。それなのに『まだ生きてんの?』って…」と自身が凍り付いた場面を振り返った。

 さらに病気で長期療養の過去がある博士氏は「『まだ生きてんの?』って、良くないですよ。病気をした人に言っちゃいけないセリフ。麻生さんらしいと思うけど、ジョークのつもりでひどいことを言っている」と人間性を疑うばかりだ。

 それでも博士氏は「これからやりますよ」と気を取り直し、議員バッジを着けて、麻生氏と正面から顔を突き合わせるために当選へ向けて、闘志を燃やしていた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/cbd29f403b3eb78f0e8e612021386a78f59ab191

【【参院選】自民・麻生太郎(81) 水道橋博士氏に「まだ生きてんのwwwwww」】の続きを読む


ビートたけしこと、北野 武(きたの たけし、1947年〈昭和22年〉1月18日 - )は、日本の漫才師、映画監督、俳優。1980年代初頭に起こった漫才ブームで、漫才コンビ・ツービートとして活躍した。社会風刺を題材としたシニカルな笑いで人気を獲得し、テレビ番組『THE
184キロバイト (24,549 語) - 2022年6月14日 (火) 16:28
監督は大変ですね

1 muffin ★ :2022/06/26(日) 23:21:12.69 ID:CAP_USER9.net
https://sirabee.com/2022/06/26/20162883847/
2022/06/26

26日放送の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)で、ビートたけしが自身への批判を乗り越える方法を語った。
中略

杉村は番組の後半「尖ったことをやろうとすると、ことごとく潰れていくんですよね。たけしさんはずっと漫才でやられて、そこから映画も作られたわけじゃないですか、こういうような新しいことをやろうと潰されちゃう」と話す。

するとたけしは杉村を遮り、「俺の周りのやつはみんな潰れたよ、俺だけだよ、生き残っているの」と語る。そして「いまだに俺は漫才師だってのは誇りに思っているんだけど、その道一筋という日本の古い文化があって、『なんで漫才師が映画を撮ったり、本を書いたり、歌ったりするんだ』っていうのはずっとだよ」と明かした。

杉村から「それをどうやってはねのけてきたんですか?」と聞かれたたけしは、「ずうずうしく。裏で脅かして」と語る。

続けて「逆に戦うといい喧嘩になっちゃうんだよ。もう圧勝して潰さなきゃダメだ。そんな五分の喧嘩なんかしていたら、周りが全部敵なんだからかなうわけなくて。向こうに早めに諦めさせる。『たけしはしょうがない、あいつはあれなんだから、もういいや』って言うまでやらないとダメ」とコメント。

この発言に杉村は「ここだと思うんだよなあ」と関心した様子。また、視聴者からも納得の声が上がっていた。

【【芸能】ビートたけし、映画監督転身時の批判に!!「圧勝して潰さなきゃ…」】の続きを読む

このページのトップヘ